シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケート「景況感」と「『平成の振り返り』と『新時代“令和”への期待・展望』」について

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施している。2019年3月度調査では、毎月実施している「景況感」に加え、個別テーマとして「『平成の振り返り』と『新時代“令和”への期待・展望』」を聞いた。
<調査結果のポイント>
○平成で事業や業種に最も影響があった出来事(自然災害除く)は、「消費税」に関する出来事が49%で第1位となった。次いで、「リーマン・ショック」が48%で第2位、「日経平均株価大暴落(バブル崩壊)」が38%で第3位となった。
○今後の事業活動に最もプラスの影響がある国際イベントを都道府県別でみると、「東京2020オリンピック・パラリンピック」は開催地域に関わらず全国的にプラスの影響があるとの回答が多く、「2025年日本国際博覧会(通称、大阪・関西万博)」では開催地である関西を中心に多くなった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学共同研究成果【世界初】自然災害による被災建物棟数の「リアルタイム被害予測ウェブサイト」を開設

生保

大同生命、中小企業経営者アンケートで「景況感」と「外国人労働者の雇用実態」について調査

生保

大同生命、Zoom社のユニファイド・ビデオ・コミュニケーション・プラットフォームを採用した業務革新の取組みを開始

生保

T&Dホールディングス子会社各社、「お客さま本位の業務運営」2018年度取組結果を発表

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、仕事と介護を両立する勤労者に対するアンケート調査を実施

生保

T&D保険グループ各社、2019年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」4月度調査を発表

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」年間レポートを発表

生保

大同生命、太陽生命、T&Dフィナンシャル生命、2019年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの計算結果(速報)を公開

損保生損

損保ジャパン日本興亜、介護費用の実態を調査~介護費用総額の平均は787万円

関連商品