シンニチ保険WEB

プルデンシャル生命、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる企業としてシンボルマーク「トモニン」を取得

プルデンシャル生命は、「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進に取り組む企業として厚生労働省に登録し、シンボルマークの「トモニン」を取得した。
<同社における仕事と介護を両立できる職場環境整備に向けた取組み>
・介護休業制度(介護を必要とする者1人につき通算365日まで3回を上限として取得することが可能)
・在宅勤務制度(原則月40時間を上限として可能)
・介護Eラーニング導入(2019年)(介護保険制度やその他サービスについての情報提供)
・社内D&I広報誌に介護特集を掲載(2019年予定)
・管理職を対象とした介護セミナーおよび社内制度説明会(2018年)
・介護と仕事の両立についての社員意識調査(2017年)
※同社の取り組みについては、厚生労働省の「両立支援のひろば」ホームページ内に詳細が掲載されている。
同社では今後も、「トモニン」マークを活用しながら、介護に関わる社員のみならず、職場全体の理解促進や意識改革に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、申し込み手続きにおけるリモートシステムを導入

生保

第一生命ホールディングス、第一生命、保険業界初、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件が決定

生保

T&Dホールディングス、第2回「プラチナキャリア・アワード」優秀賞を受賞

生保

日本生命、「ITJapanAward2020」特別賞を受賞

生保

アフラック生命、“InnovationEfma主催“InnovationinInsuranceAwards”を受賞

生保

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン、医療関係機関に1億円の寄付を決定

損保

三井住友海上、「Efma-Accenture Innovation in Insurance Awards 2020」Workforce Transformation(人材変革)部門で銀賞を受賞

損保

SOMPOホールディングス、「電波の日・情報通信月間」中国総合通信局長表彰の受賞

生保

プルデンシャル生命、2019年度の決算(案)を発表

生保

ニッセイ・ウェルス生命、HDI格付けベンチマーク「モニタリング」格付けで最高評価の『三つ星』を獲得

関連商品