新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

プルデンシャル生命、「働きがい」に関するランキング 2 つでトップ 10 にランクイン

プルデンシャル生命は、「働きがい」に関するランキング2つでトップ10にランクインした。各ランキングでの選出は以下の通りである。
●Great Place to WorkR Institute Japan 2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキング
・大規模部門(従業員1000人以上) 第5位
※ 7年連続受賞、4年連続トップ10入り
https://hatarakigai.info/ranking/japan/2019.html
●株式会社ヴォーカーズ 社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2019」
・第9位
※ 2年連続トップ10入り
https://www.vorkers.com/award/
プルデンシャル生命における社員の働きがいは、企業理念と社員の主体性を大切にするという風土により支えられている。これは創業以来変わらない特長である。
企業理念の浸透は、専任の「ビジネスクオリティチーム」を中心に進められる。毎年1月は「プルデンシャルシップ・アウェアネス・マンス」と定め、創業者の思いや同社の使命を再確認するための集合イベントやバズセッションなどを、本社や全国各地の支社で開催している。また、月に一度任意の参加者が集まって、始業前に創業者らのメッセージ映像などを鑑賞し、感想を語り合う「朝活」も行っている。開催地は本社ビルであるが、これまで全国から84支社(※)がテレビ会議システムを使って参加している。
※2019年4月1日現在の支社数は139支社
プルデンシャル生命において、全社員の考えや行動の指針となるのが「コアバリュー」(※)であり、社員は自分自身の目標を4つのコアバリューに照らし合わせて設定している。また、コアバリューを体現する社員に対し、感謝を伝えるメッセージカード「コアバリューレター」を送り合っている。2018年は全社で5418通のコアバリューレターが送られており、互いを讃える文化が根付いている。
※「Worthy of Trust (信頼に値すること)」「Customer Focused (顧客に焦点をあわせること)」「Respect for Each Other (お互いに尊敬しあうこと)」「Winning with Integrity (勝つこと)」の4つ。
また、社員の主体性も尊重されている。同社のライフプランナー(営業社員)は、知識やスキルを教え合い学び合う大規模な研修会を自主的に企画、開催している。ライフプランナーは営業の道を極め続けるか、管理職になるかのキャリアを自分で決めることができ、本社社員もジョブポスティング制度等を使って自らのスキルやキャリアを向上させることができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、機構改革を実施

生保

プルデンシャル生命、OpenWork「働きがいのある企業ランキング2024」にて8位にランクイン、金融機関で唯一TOP10入り

生保

明治安田生命、環境省第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」銅賞を受賞

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

明治安田生命、PRI(国連責任投資原則)年次評価結果を公表

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

SBI生命、保険市場・2024年版最も選ばれた保険ランキングで「クリック定期!Neo」「SBI生命の終身医療保険Neo」「働く人のたより」が第1位を獲得し8冠

生保

富国生命、学資保険「みらいのつばさ」が「ママリ口コミ大賞2024」学資保険部門で大賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

関連商品