シンニチ保険WEB

PGF生命、死亡保険金即日支払サービスの上限額を引き上げ

PGF生命は、4月1日より、死亡保険金即日支払サービスによる支払い上限金額を、従来の300万円から1,000万円に引き上げる。
家族に万一のことがあった場合、遺族は医療費や葬儀費用など、すぐに高額の支払いが必要となることがある。
死亡保険金即日支払サービスは、被保険者が亡くなった日から2週間以内に申し出ることによって、死亡保険金の全部または一部を即日支払うものである。
このたび、お客さまの利便性を高めるため、支払い上限金額を引き上げ、より高額な保険金を迅速に受け取ることができるようになった。
PGF生命は、今後も、すべてのお客さまに質の高いサービスを提供できるよう取り組んでいく。
※連絡または請求書類提出の時刻等により、死亡保険金をその日のうちに支払えない場合がある。
※本サービスの対象となる契約には、契約年数等の制限がある。
※支払いの上限金額は、被保険者ごとに通算1,000万円を上限とする。
※契約の際には、「契約概要」「注意喚起情報」および「ご契約のしおり・約款」を確認。
※記載の取り扱いは、2019年4月現在における同社の取り扱いによるもので、将来変更となることがある。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、生活習慣病の重症化予防の取組みを応援する「医療保険(MI-01(エムアイ-ゼロイチ)」を発売

生保

プルデンシャル生命、諸利率を更改

生保

T&Dフィナンシャル生命、ふくおかフィナンシャルグループ4銀行にて『ファイブテン・ワールド2』の販売を開始

生保

大樹生命、保険金すえ置き利率等を改定

損保

エイチ・エス損保、保険比較サイト「ほけんのポルト」商品を追加

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴うお客さまへの追加対応についてを発表

損保

共栄火災、新型コロナウイルス感染症に関する商品を改定

損保

MS&ADインシュアランスグループ、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「テレワーク総合補償プラン」の販売開始

生保

損保ジャパン、【業界初】「駐車場シェア専用保険」をakippaと共同開発

損保

SBI損保、自動車保険インターネット割引を拡大

関連商品