シンニチ保険WEB

住友生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ賛同

住友生命は、金融安定理事会(以下「FSB」)により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(以下「TCFD」)」の提言へ賛同した。
住友生命は、保険事業の健全な運営とその発展を通じて豊かで明るい長寿社会の実現に貢献するため、「CSR経営方針」に基いた経営を行っている。2018年には、国連が提唱し日本においても官民あげて取組みが図られているSDGsなど、CSRを取り巻く国際的な潮流を踏まえ、5つの「CSR重要項目」を策定した。
気候変動に関しては、CSR重要項目「ステークホルダーとの信頼関係の構築」およびSDGs「13.気候変動に具体的な対策を」に対応する事項として取組みを推進している。
今後は、これまでの気候変動に関する取組みをより一層推進するとともに、TCFDの提言を踏まえた情報開示の充実を図っていく。
・TCFDについて
2015年12月にFSBが設置した、民間主導のタスクフォース。2017年6月に、企業が任意で行う気候関連のリスク・機会に関する情報開示のフレームワークを示した最終報告書(TCFD提言)を公表している。
(TCFDウェブサイト:https://www.fsb-tcfd.org/)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、シンガポールにおける障がい者活躍支援の実証実験を実施

生保

住友生命、Vitality健康プログラムにスタートダッシュ特典(リワード)新設

生保

住友生命、2018年度スチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告

生保

住友生命、株式会社カネカが発行する「グリーンボンド」へ投資

生保

住友生命、第30回「創作四字熟語」募集開始

生保

住友生命、ASEAN国等のマイクロファイナンス機関向け投融資を行うファンドへ追加出資

協会・団体

損保協会、IAISのICP・コムフレーム市中協議に意見提出

生保

アフラック生命、「消費者志向自主宣言」を発表

生保

住友生命、株式取得でアイアル少額短期保険株式会社を子会社化

損保

SOMPOホールディングス、グループ新ブランドスローガンを発表

関連商品