シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、「先進医療給付金直接支払サービス」の対象医療機関を追加

三井住友海上あいおい生命の先進医療給付金直接支払サービス※において、2019年3月20日から、新たに「成田記念陽子線センター」「社会医療法人高清会高井病院」「大阪重粒子センター」が、サービスを利用できる医療機関として加わった。
これにより、同社の先進医療給付金直接支払サービスは、2019年3月現在、厚生労働省の認可を受けて先進医療として「陽子線治療」「重粒子線治療」を実施しているすべての医療機関で利用できる。
●「陽子線治療」「重粒子線治療」を実施している医療機関一覧[https://www.msa-life.co.jp/news/pdf/20190328_chokusetsushiharai.pdf]
※「陽子線治療」「重粒子線治療」の先進医療技術料をお客さまに代わり、同社より医療機関に直接支払うサービスである。利用対象契約は「先進医療特約」「先進医療特約α」「先進医療特約(無解約返戻金型)」「一時払先進医療特約」「ガン先進医療特約」「ガン先進医療特約α」「ガン先進医療特約(無解約返戻金型)(18)」のいずれかが付加された契約である。
※サービスの利用には所定の条件がある。治療を検討される前に同社お客さまサービスセンターへの確認が必要となる。
同社は、今後も引き続き、お客さまに役立つ商品・サービスを提供するよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上あいおい生命、「新型コロナウイルス感染症」の影響に伴う特別金利を適用した契約者貸付の受付期間を延長

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、ネット完結型”団信ウェブ申込サービスで、銀行の住宅ローンビジネスのデジタル化を支援

損保

SOMPOリスクマネジメント株式会社、損保ジャパン、企業のリスク対策に資する協業先をマッチングするサービス提携を開始

生保損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、行動経済学を応用した標的型メール訓練サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

生保

三井住友海上あいおい生命、2019年度決算を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、2019年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

生保

三井住友海上あいおい生命、団体保険における新型コロナウイルス感染症に関する災害保険金等の支払いについてを発表

損保

イーデザイン損保、遠隔健康医療相談「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」をHP上で紹介

生保

アフラック生命、「がん電話相談」再開

関連商品