新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、「安否確認システム」の提供開始

大同生命は、4月より、中小企業のお客さま向け付帯サービスとして、大地震等の災害発生時に経営者が従業員の安否確認を実施できる「安否確認システム」の提供を開始する。
昨年は、北海道胆振東部地震をはじめとする大規模な災害が続けて発生しており、特に従業員一人ひとりの役割が相対的に大きい中小企業において災害対策の必要性は高まっている。
また、同社が全国の中小企業経営者を対象に毎月実施しているアンケート(大同生命サーベイ)において、「災害への備えとして実施している取組み・実施したい取組み」を調査した結果、「安否確認の手段の整備・周知」が80%と最も多い結果となった。
今回、中小企業経営者の「大規模災害発生時に、確実・迅速に従業員の安否状況を確認したい」という想いに応えるため、「安否確認システム」を提供するサービスを生命保険業界で初めて導入する。
<安否確認システムのサービス概要>
・「安否確認システム」は、大同生命との提携により、インフォコムが提供するサービスである。
・本サービスは、「災害発生時における安否確認連絡の自動発信機能」や「従業員の安否回答結果の自動集計機能」など、中小企業において災害発生時の安否確認に必要となる各機能を備えている。
・利用対象は、大同生命の契約者(被保険者3名以上の加入がある法人・個人事業主)となっており、所定の申込で無料で利用ができる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

関連商品