シンニチ保険WEB

大同生命、「企業価値算定サービス」の提供開始

大同生命は、4月より、中小企業のお客さま向け付帯サービスとして、「企業価値算定サービス」の提供を開始する。
「事業承継ガイドライン」(中小企業庁2016)によれば、中小企業経営者のおよそ6割が60歳以上となっており、今後10年間で事業承継期に入る中小企業は急速に増加する見込みである。しかしながら、経営者が60歳以上の企業のうち事業承継準備を行っている企業は半数以下に留まる。また、経営者が高齢な企業では、好業績にも関わらず、後継者不在を理由に廃業を予定しているケースが多数存在する。
このような状況を踏まえ、企業が人材・ノウハウなどの経営資源を次代に確実に引き継ぐためには、親族内の事業承継やM&Aなどの検討を開始することが急務といえる。また、その前提として、経営者が今後の企業経営の方向性を判断するための材料となる「現在の自社の企業価値」を正確に把握することが重要である。
このようなのニーズに応えるため、大同生命では既に提供済の「M&A支援サービス(※)」に加えて、「企業価値算定サービス」の提供を開始し、同社の主要なお客さまである中小企業の事業存続や事業拡大をサポートする。
※M&Aの相談から相手探し・手続きまで、専門家による一貫したサポートを特別価格で提供
<サービス概要>
「企業価値算定サービス」は、大同生命との提携により、中堅・中小企業のM&A仲介業務に強みを持つストライクが株式価値の概算額を算定するサービスである。大同生命の契約者(契約保険金額1億円以上、年商3億円以上)は無料で利用できる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、エスオーユーホールディングスグループの従業員を対象にがん保険集団扱の提供を開始

損保

損保協会、そんぽADRセンター統計号を発行

生保

ネオファースト生命、保有契約件数30万件を突破

損保

東京海上日動、自動車保険の事故対応サービスにおける付加価値向上に向けた取組みを開始

損保

楽天損保、自動車保険の新商品「ドライブアシスト」を発売

損保

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、社会貢献債(ソーシャルボンド)に投資

損保

損保ジャパン日本興亜、全国初、さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始

生保

PGF生命、千葉興業銀行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、百五銀行を通じ、『年金新時代』を販売開始

関連商品