シンニチ保険WEB

住友生命、米国シリコンバレーのスタートアップ企業Waagu,Inc.と実証実験を開始

住友生命は米国シリコンバレーのスタートアップ企業であるWaagu,Inc.(以下「Waagu」)が提供する、特定のアプリケーション等をダウンロードやインストールすることなく、即座に文書等の共有やオンラインチャットを行うことができるサービス「Loookit」を活用した実証実験を開始した。本ソリューションの本格導入が実現すれば、保険内容の説明やお客さまからの問い合わせなど、従来口頭で説明していた内容を、遠隔地にいるお客さまと同じ画面を共有しながら説明することが可能となり、コミュニケーションが格段に向上することが期待できる。
なお、Waaguは2018年度に開催された、東京都アクセラレータプログラム「フィンテックビジネスキャンプ東京」の参加企業11社のうちの1社に選ばれている。
Waaguの提供するサービスを活用した実証実験を実施するのは、本邦保険会社としては住友生命が初めてのケースとなる。
住友生命は2018年度に、イノベーションを推進する拠点として、東京と米国シリコンバレーに「スミセイ・デジタル・イノベーション・ラボ」を開設した。米国シリコンバレーでは、同社100%子会社であるシメトラとも協業して現地でのネットワークづくりを加速してきた。Waaguのサービスについては、シメトラでも実証実験を実施しており、今後はサービスの本格導入に向け、実証実験結果を両社で共有していく。今後も、シメトラとの連携を更に強化しながら、最新のテクノロジー収集力向上と迅速な実証実験を通じて、イノベーティブなビジネス・サービスの創造を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

AIG損保、業界初、電子マネー決済対応の海外旅行保険専用新型自動販売機(専用端末)を導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、ToyotaInsuranceManagementSolutionsUSA,LLCがNationwide社と共同で運転挙動反映型テレマティクス自動車保険を開発

損保

MS&ADホールディングス、VolocopterGmbHとの「空飛ぶクルマ」事業に関する業務提携を決定

損保

MS&ADホールディングス、特定子会社を異動

協会・団体

損保協会、2020年度自賠責運用益拠出事業19億円を決定

生保

住友生命、2019年度第3四半期の業績を発表

損保

東京海上日動、AI技術を活用した自動車事故の修理見積書点検の取組みのトライアルを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、米国子会社AioiNissayDowaInsuranceServicesUSACorporationの保険ソフトウェア「MOTER」が「CES2020」で紹介

生保

ライフネット生命、セブン&アイグループのセブン・フィナンシャルサービスと業務提携契約を締結

生保

住友生命、「バイタリティ(生命力・元気・活力)」アンケート調査結果を発表

関連商品