新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、「先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービス」対応医療機関を拡大

大同生命は、2019年2月より、「先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービス」の対応医療機関を拡大する。
このサービスは、公的な医療保険制度の適用とならない先進医療のなかで、治療費が高額となる「陽子線治療」、「重粒子線治療」について、お客さまに安心して治療に専念してもらえるよう、同社が先進医療給付金を直接医療機関に支払い、お客さまの一時的な経済的負担を軽減するサービスである。
今回の対応医療機関の拡大により、陽子線・重粒子線治療を行なう全国21ヵ所すべての医療機関で同サービスが利用できるようになる。
※利用にあたっては、一定の条件があり、必ず受療前に同社への照会が必要となる。
※「陽子線治療」、「重粒子線治療」の詳細は、特設サイト『先進医療情報ガイド:http://www.senshin-daido-life.jp/index.html』参照。
【サービスの概要】及び、対象の医療機関一覧はURLを参照:https://www.daido-life.co.jp/company/info/20190228.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

関連商品