新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「リンククロスナインガード」「リンククロスナインガードプラス」を発売

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、2019月3月4日より、経営者と従業員の健康を応援する新商品「リンククロスナインガード」と「リンククロスナインガードプラス」を発売する。
1.目的・背景
同社では「健康応援企業」への変革を目指し、保険本来の機能(Insurance)と健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた、従来にない新たな価値「インシュアヘルス(InsurhealthR)」※1の提供を行っている。この度、法人向けInsurhealth商品第1弾として、経営者や従業員へ健康増進・疾病予防サービスの提供を通じて健康をサポートする新商品を発売する。国内では、企業の代表者の平均年齢は61歳と毎年最高年齢を更新している。※2また、年間約3万社の企業が廃業・解散するなか、代表者の年齢が60歳以上は8割を占める。※3高齢化により増加する「7大疾病」「就労不能」「介護」の9つのリスクから経営者を守ることで、事業継続をサポートしていく。
※1 Insurhealthは、同社の登録商標である。
※2「2017年全国社長の年齢調査」東京商工リサーチ調べ
※3「2017年休廃業・解散企業動向調査」東京商工リサーチ調べ
2.商品の概要・特徴
(1)正式名称・ペットネーム
・解約返戻金がないタイプ
【正式名称・ペットネーム】
無解約返戻金型総合生活障害保障保険・リンククロスナインガード
・解約返戻金があるタイプ
【正式名称・ペットネーム】
総合生活障害保障保険・リンククロスナインガードプラス
(2)発売開始日
2019年3月4日(月)
(3)商品内容
【概要】
●支払事由
①総合生活障害保険金
・「七大疾病(悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患)」により所定の事由に該当、「所定の就労不能状態」「所定の要介護状態」および「所定の高度障害状態」のいずれかの状態となった際に、総合生活障害保険金(一時金)を支払う。
②死亡給付金
・解約返戻金があるタイプは死亡時に責任準備金額を支払う。
③保険金額
・事業継続に活用できる最高2億円の大きな保障を確保できる。
【特徴】
・年金支払特約を付加することにより、総合生活障害保険金の全部または一部を分割し、企業のキャッシュフロー等にあわせて受取することも可能である。
・変換制度(同社所定の条件がある)を利用すれば、契約後も会社の状況に適した保障内容に無診査・無告知で契約を切り替えることができる。
●保険料及び、サービス詳細は下記URLを参照
《http://www.himawari-life.co.jp/~/media/himawari/files/company/news/2018/a-01-2019-02-05.pdf》

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

生保

日本生命、ペアローン利用者向け団体信用生命保険を10月発売

生保

ジブラルタ生命、変額保険(有期型)を発売

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、業界初『AIファンド予測サービス』開始

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

生保

三井住友海上あいおい生命、新商品「&LIFE介護保険C(ケア)セレクト」発売および「MSAケア」の新サービス導入

関連商品