新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、「先進医療給付金の医療機関あて直接支払いサービス」対応医療機関拡大

住友生命は、1月28日より、「先進医療給付金の医療機関あて直接支払いサービス」の対応医療機関を拡大する。
「先進医療給付金の医療機関あて直接支払いサービス」は技術料が全額自己負担となる先進医療の中でも、とりわけ高額となる「粒子線治療」について、お客さまが安心して治療に専念できるよう、同社が先進医療給付金を直接医療機関に支払い、お客さまの一時的な経済的負担を軽減するというサービスである。
今回の対応医療機関の拡大により、日本国内で「粒子線治療」を行う19の医療機関(2019年1月28日時点)で利用できる。
【今回追加】
 ・所在地    愛知県豊橋市
 ・医療機関名称 成田記念陽子線センター
 ・治療方法   陽子線

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

T&Dフィナンシャル生命、業界初『AIファンド予測サービス』開始

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

生保

三井住友海上あいおい生命、新商品「&LIFE介護保険C(ケア)セレクト」発売および「MSAケア」の新サービス導入

損保

楽天損保、「楽天保険の総合窓口」「楽天市場」の対象の家電製品購入者向けに「楽天超かんたん保険 長期修理プラン」を提供開始

関連商品