新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、平成30年度寄付による大学等でのオープン講座

大同生命は、中小企業経営者に、経営・ビジネスに関連する知識・スキルの習得の場を提供するため、創業100周年を迎えた平成14年より、「寄付による大学でのオープン講座」を継続実施しており、今年度も全国各地の大学で開催する。
講座内容は、大学ごとに独自の切り口で工夫を凝らし、中小企業経営に資する理論と実践を織り交ぜたテーマ・講師陣を設定し、過去16年間で延べ14,000人を超える受講者から大変好評を得ている。
法政大学での講座(3年連続開催)は、「なぜ、この会社に人が集まるのか」をテーマに、人手不足が深刻化するなかでも離職率ゼロを実現している企業の具体的な取組み等の紹介を通じ、中小企業経営者に様々なヒントを届けるものである。
<講座の概要>
テーマ「なぜ、この会社に人が集まるのか」
対象:中小企業経営者・後継者および一般社会人
日時:平成31年2月2日(土)13:30~17:00※終了後、交流会を開催。
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス新一口坂校舎5F
住所:東京都千代田区九段北3-3-9
定員:80名
受講料:無料※交流会参加費:2,000円
申込方法:
1月25日までに専用Webフォーム(下記)へ登録するか、パンフレット裏面の受講申込書に必要事項を記入のうえFAXにて送信。(定員に到達次第、受付締切となる。)
[専用Webフォーム]http://ws.formzu.net/fgen/S48387384/
[パンフレット掲載先]https://www.daido-life.co.jp/company/csr/community/course.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

関連商品