シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、経営者死亡後の後継者支援サービスを開始

エヌエヌ生命は、12月21日より、現役の企業経営者が死亡した際に、事業を引き継ぐ後継者を支援する3種類のサービスの提供を開始する。新しいサービスのうち2種類(下記1と2)は、エヌエヌ生命の保険契約に契約者が法人、被保険者が代表者の形態で加入している場合に利用可能で、後継者コミュニティに関しては保険契約の有無を問わず利用できる。なお、サービスの利用に際し追加の契約や費用は発生しない。
「中小企業サポーター」エヌエヌ生命は、先代の逝去に伴って突然の事業承継を経験した経営者への訪問聞き取り調査を行った。その結果、後継者が抱える代表的な悩みとして、保険金の請求手続きや相続・事業承継の進め方をはじめ、相談をできる相手がいないことや相談ができる場所がないことによる孤独感などがあげられ、専門的な知識が必要とされる内容も多いことがわかった。こうした背景からエヌエヌ生命は、主に保険金請求のタイミングでお客さまへ下記新サービスの案内を開始する。
1.保険金請求手続きサポート
保険金請求手続き全般に関して、エヌエヌ生命の保険金専門チームの担当者が対面訪問サポートを提供する。代表者変更手続きや、取引先・従業員への説明等幅広い対応が求められるなか、後継者の「どこに何を書けばよいのかわからない。また、どこに何の印鑑を押せばよいかわからない」といった書類作成に係る負担を軽減し、円滑な保険金受け取りをサポートするものである。
2.経営者死亡時相談サービス
相続・事業承継の専門家(税理士等の第三者)によるセカンド・オピニオンサービスを提供する。突然事業を承継し、短期間で重要な意思決定を求められるなか、「自身の相続・事業承継の進め方につき、第三者の立場にある専門家の見解も聞いてみたい」「本当にこの判断でいいのか、他の誰にも相談したくてもできない。判断材料がほしい」といったお客さまの声を踏まえ提供することになった。
3.後継者コミュニティ
<サイトURL:https://www.nnlife.co.jp/strengths/after-support/community>
後継者コミュニティは、実際に「突然社長になった」という状況を乗り越えてきた後継者の生の声をエヌエヌ生命が独自に収集しオンラインで公開するものである。また、投稿者と閲覧者が共感し合える場にすることで突然承継を受けた方の孤独感や不安感の軽減を図る。本サービスは保険契約の有無を問わず利用できる。
なお、事業を引き継いだ女性経営者に特化したコンテンツの提供に向け、「女性社長.net(http://joseishacho.net)」を運営する株式会社コラボラボと提携を開始した。
エヌエヌ生命は引き続き「中小企業サポーター」として、保険商品とサービスの提供を通じた顧客体験の向上を図っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコムホールディングス、『アニコム家庭どうぶつ白書2019』を公開

損保

SBI損保、エスオーユーホールディングスグループの従業員を対象にがん保険集団扱の提供を開始

損保

損保協会、そんぽADRセンター統計号を発行

損保

東京海上日動、自動車保険の事故対応サービスにおける付加価値向上に向けた取組みを開始

生保

エヌエヌ生命、身近な社会的課題を解決するビジネスアイデアを考える教育プログラム「Social Innovation Challenge(ソーシャル・イノベーション・チャレンジ)」を沖縄県内で初めて開催

損保

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

損保

損保ジャパン日本興亜、全国初、さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始

生保

アフラック生命、「JCBプレモデジタル」を<アフラックの健康応援医療保険>の健康還付金受取方法に導入

生保

アフラック生命、「VisualIVR」サービス開始

損保

東京海上日動、海外旅行保険に新たなサービスを付帯

関連商品