新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、株式会社MOLCUREへ投資

第一生命は、AIを活用した世界初の抗体医薬品開発プラットフォームを提供する国内ベンチャー企業の株式会社MOLCURE(以下「モルキュア」)に対し、ESG投資の一環であるインパクト投資として1億円の投資を実施した。
【本件のポイント】
・運用収益の獲得と社会的インパクト(社会の構造変化等)の創出の両立を目指す「インパクト投資」の枠組みで、モルキュアに対して1億円投資
・モルキュアが提供する世界初の抗体医薬品開発プラットフォームAbtracerにより、医薬品開発の短期化および医療費削減(社会的インパクト)を期待
モルキュアは、次世代シーケンサー(遺伝子情報を高速で解読する装置)と人工知能(AI)を駆使した世界初の抗体医薬品開発プラットフォームAbtracerを開発・提供している。モルキュアのAbtracerを用いることで、従来の抗体医薬品開発手法に比べ、約1/10の時間で、10倍以上の抗体医薬品候補を探索することが可能となる。これにより、製薬会社における創薬プロセスの大幅な短期化や研究開発費の低減に繋がることが期待れている。
同社は、本投資を通じて、高い投資収益を期待するとともに、抗体医薬品開発の短期化や医療費の削減(社会的インパクト)が期待れるモルキュアの取組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングしていく。
同社は、引き続き運用手法の高度化・多様化によって資産運用収益の向上を図るとともに、責任ある機関投資家として持続可能な社会の形成に寄与すべく、ESG投資に積極的に取り組んでいく。
≪参考≫これまでのインパクト投資事例
①「インパクト投資」の開始 リリース日:2017/10/23 ~第一号案件としてマイクロファイナンス事業支援を行う五常・アンド・カンパニー株式会社へ投資~
≪http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2017_043.pdf≫
②【インパクト投資】Spiber株式会社への投資 リリース日:2017/10/23 ~新世代バイオ素材開発の支援を通じたインパクト投資第二号案件~
≪http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2017_044.pdf≫
③【インパクト投資】株式会社キュア・アップへの投資 リリース日:2018/2/26 ~禁煙等の治療アプリ開発・提供の支援を通じたインパクト投資第三号案件~
≪http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2017_071.pdf≫
④【インパクト投資】クラウドクレジット株式会社への投資 リリース日:2018/4/5 ~グローバルな資金需給ギャップを解消し、発展途上国等の事業活動を活性化~
≪http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_002.pdf≫
⑤【インパクト投資】サスメド株式会社への投資 リリース日:2018/6/4 ~不眠症治療用アプリにより、薬剤に依存しない治療の普及を促進~
≪http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_008.pdf≫
⑥【インパクト投資】株式会社メルティンMMIへの投資 リリース日:2018/10/17 ~アバターロボットによる、危険環境下での作業代替を通じた事故の抑制~
≪http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_040.pdf≫

関連記事(保険業界ニュース)

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

第一生命、2024年4月1日付組織改編

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

生保

第一生命、企業のサステナビリティ取組みを融資で支援する「DLサステナビリティ・ファイナンス・フレームワーク」を制定

生保

第一生命、日本最大のスタジオ対抗ダンスコンテスト「SD.LEAGUE2024」タイトルスポンサーに就任

生保

第一生命、『地元サラ川(ジモサラ)』2023結果発表

生保

第一生命、2023年『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』優秀100句決定

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI)の協働エンゲージメント「Spring」へ参画

関連商品