新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

FWD富士生命、見方を変えて楽しむ『FWDウィンター・ナイトプール』を12月13日よりオープン

FWD富士生命は、冬のナイトプール『FWDウィンター・ナイトプール』を、12月13日(木)から12月16日(日)まで、品川プリンスホテルにてオープンする。
『FWDウィンター・ナイトプール』は、物事を多面的に見る独創的な世界観で注目を集めるアーティスト・チョーヒカル(Cho Hikaru)氏の監修の基、水の中に入っているような非日常体験ができるスポットとなっている。足を一歩踏み入れると、光の演出により幻想的な水面が一面に広がる。水の無いプールの中には、光る浮き輪で作られたドーム型の空間が出現。ドームの内部に入り横たわると、まるで水と光に包みこまれるような夢幻的な体験ができる。
FWD富士生命は、「人々が抱く”保険”に対する感じ方・考え方を刷新すること。」をビジョンとして掲げ、「今を思いっきり生きるためのエネルギーとなる保険」を目指す、チャレンジャーブランドである。今回、”見方ひとつで、人生は面白くなる。”という考えのもと、夏のイメージが強いプールの“見方を変え”、冬でも楽しめる新たなお出かけスポットとして、『FWDウィンター・ナイトプール』をオープンする。
■『FWDウィンター・ナイトプール』概要
・開催期間:2018年12月13日(木)~12月16日(日)
・営業時間:17:00~20:30(最終入場時間20:00)
・開催場所:品川プリンスホテルメインタワー3F屋外プール、東京都港区高輪4-10-30
・アクセス:JR線・京急線品川駅徒歩約2分
FWDウィンター・ナイトプールのオープンにあたって、FWD富士生命代表取締役社長兼CEOの友野紀夫は以下のようにコメントしている。
「今回、このエキサイティングなイベントを提供できることを光栄に思います。私たちが当社のビジョンである『人々が抱く“保険“に対する感じ方・考え方を刷新する』の実現に向けて日々楽しみながら働いているように、是非多くの皆さまにも、今回のイベントのコンセプトである“見方を変える”を通じて、物事の見方を変え、また別の視点で見ることにより初めて体験できる新たな楽しさを感じていただければと思います。チョーヒカル氏には今回、印象的でクリエイティブな作品を通じて、当社のビジョンを表現いただいたことに感謝いたします。」
■チョーヒカル氏コメント
「視点を変える、常識を覆すということをテーマに作品を制作しようと心がけている身として、今回のFWD富士生命さんの”見方ひとつで、人生は面白くなる。”というテーマに共感し、イベントのディレクションに関わらせて頂けて大変光栄でした。冬のプールという無用のように思われがちな場所を、どうすれば要素を変えすぎることなく楽しくできるかということにこだわり、照明やアート要素など沢山自分でも挑戦をさせていただきました。”FWD Winter Night Pool”で、非日常を楽しんで頂けたら幸いです。」

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

生損共済

こくみん共済coop〈全労済〉、組合員専用サービス「マイページ」で共済契約証書の電子化を開始

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

生保

太陽生命、「マイページ」で契約者貸付金の返済における「電子バーコード決済」の取扱いを開始

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」の福利厚生導入企業数が1,000社を突破

関連商品