新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択利率更改型逓増終身保険『おおきな、まごころ』を発売

三井住友海上プライマリー生命は、「ふやして、のこせる」新商品『おおきな、まごころ』(通貨選択利率更改型逓増終身保険)を11月5日から発売する。
本商品は外貨の好金利で運用する終身保険で、死亡保険金(契約通貨建て)が、契約の1年後から増加し、2年後、3年後にさらに増加する。また、特約付加により、死亡保障が増加する初めの3年間に円建ての最低保証をつけることや、お客さまの将来的なニーズ変化への対応として、終身の死亡保障にかえて一生涯の介護年金を受取る選択ができる。※1
※1 公的介護保険制度の要介護2以上と認定されている場合、契約日から1年経過以後であれば介護年金へ移行できる。
◆『おおきな、まごころ』の主な特徴
<特徴1> 死亡保険金(契約通貨建て)が契約の1年後から増加
・契約日から3年間、毎年死亡保険金が契約通貨建てで大きくなる。※2
・更改日に積立利率が更改される際、その利率が最低保証積立利率(0.5%)を上回る場合、さらに保険金額が大きくなる。
※2 死亡保険金は保険金額と解約払戻金額のいずれか大きい額を受取れる。なお、保険金額は契約日から3年間、毎年契約通貨建てで大きくなるが、解約払戻金額は市場金利の変動等により必ずしも増加するものではない。
<特徴2> 契約から3年間、円建てでの最低保証がある
・契約時に初期死亡円保証特約 ※3 を付加することで、契約日から3年間、死亡保険金として一時払保険料の円換算額を最低保証する。
・為替レートが変動しても、安心して家族にのこすことができる。
※3 この特約を付加した場合、所定の費用を積立金から控除するため、基本保険金額は付加しない場合とくらべて小さい金額となる。なお、この特約を中途付加・中途解約することはできない。
<特徴3> 介護に備えることもできる
・介護年金移行特約を付加することで、被保険者が公的介護保険制度で要介護2以上と認定されている場合、契約日から1年経過以後であれば、将来の死亡保障にかえて、解約払戻金額を原資とした介護年金に移行することができる。
・年金支払開始日以後、毎年、定額の年金を一生涯支払われる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、北洋銀行で「そだてる年金US」を販売開始

関連商品