シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、『事業承継に関する調査』の調査結果を発表

エヌエヌ生命は、後継者として事業承継を経験した全国の中小企業経営者(代表取締役(社長))600人を対象に行った『事業承継に関する調査』の調査結果を発表した。
エヌエヌ生命では事業承継に関する調査を継続的に実施し、調査結果を踏まえ、より一層中小企業経営者のニーズに合ったサービスの拡充を図っていく。
<調査結果トピックス>
1.事業承継のタイミングについて「適切だった」のは約半数。8人に1人は「遅かった」と考えており、40代以前の承継が望ましかったと回答
事業承継を経験した後継者の52.5%は、承継タイミングについて「適切」と回答した。一方、「遅かった」(「遅かった」と「非常に遅かった」の合計)と回答した後継者は13.6%で、うち82.9%は40代よりも下の年代で事業承継することが適切と回答した。
2.家業を継ぐにあたり、3人に1人は承継を躊躇したと回答し、躊躇させた要因は「資金面での不安」が最多
事業承継について「非常に躊躇した」または「躊躇した」と回答した割合は33.9%で、承継を躊躇した要因として最も多かったことは「資金面での不安」(28.6%)だった。
3.最終的に事業を継ぐ決め手となったのは関係者に対する責任感
最終的に事業を継ぐ決め手となった要因は「親・先代から譲り受けたという責任」が最も多く(48.3%)、次に「従業員に対する責任」(32.5%)となり、関係者に対する「責任」が承継を決める要因の大多数を占めた。
4.今後の挑戦・注力したい領域について、「従来からの事業(家業)」への注力と「新業態への挑戦」とでスタンスが分かれたが、現在の中核事業から派生させた新しい商品やサービス展開への意欲は総じて高い
今後挑戦・注力したい領域については「従来からの事業(家業)に絞って続ける」が38.7%で最多となる一方、「新業態への挑戦」も29.0%と二番目に大きい割合を占めた。
また現在の中核事業から派生させた新しい商品やサービス展開への意欲は約76%と高い割合となった。
<調査概要>
・調査時期:2018年10月
・調査方法:インターネット調査
・調査地域:全国
・調査対象者:20代から60代の、従業員(5人以上300人未満)を雇用する企業の代表取締役社長、代表取締役または社長を務める男女600人

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、エスオーユーホールディングスグループの従業員を対象にがん保険集団扱の提供を開始

損保

損保協会、そんぽADRセンター統計号を発行

損保

東京海上日動、自動車保険の事故対応サービスにおける付加価値向上に向けた取組みを開始

生保

エヌエヌ生命、身近な社会的課題を解決するビジネスアイデアを考える教育プログラム「Social Innovation Challenge(ソーシャル・イノベーション・チャレンジ)」を沖縄県内で初めて開催

損保

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

損保

損保ジャパン日本興亜、全国初、さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始

生保

アフラック生命、「JCBプレモデジタル」を<アフラックの健康応援医療保険>の健康還付金受取方法に導入

生保

アフラック生命、「VisualIVR」サービス開始

損保

東京海上日動、海外旅行保険に新たなサービスを付帯

生損少短

楽天保険グループ、保険加入者への楽天スーパーポイントの付与を開始

関連商品