新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

朝日生命、アフターサービス手続きの電子化を開始

朝日生命は、富士通および富士通クライアントコンピューティングが開発したタブレット型営業用端末「スマートアイ」による、2018年1月に開始した新契約手続きの電子化に引き続き、2019年1月より、住所変更や名義変更などの保全手続きを電子化(保全手続きの最大98%が対象)し、さらなるお客様利便性の向上を図る。
従来は書面で行っていた手続きの電子化により、手続きをシンプル化するとともに「スマートアイ」の画面
上で記入漏れなどのチェックを行い、その場での手続きの完了を実現する。あわせて、請求データを自動でシステムへ登録することにより、本社の査定・入力業務を省略し、本社事務の効率化を図る。
また、手続きにおける本人確認において、PFUが開発した「DynaEye 本人確認カメラ OCR」を富士通より採用。運転免許証などを「スマートアイ」で撮影して氏名・生年月日などを読み取り、朝日生命の登録情報と自動的に照合する。これにより、お客様は運転免許証などのコピーを提出することなく、円滑に手続きができる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

朝日生命、令和5年度「東京都スポーツ推進企業」および「スポーツエールカンパニー2024」に認定

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

生保

朝日生命、スパークス・グリーン蓄電所ファンドへ投資

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

朝日生命、インパクトコンソーシアムに参画

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

関連商品