シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」平成30年8月度調査結果を発表

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施している。
平成30年8月度調査では、毎月実施している「景況感」に加え、個別テーマとして「ITの活用実態」を尋ねた。
<調査概要>
・調査期間:平成30年8月1日(水)~8月31日(金)
・調査対象:企業経営者(約7割が同社契約企業)
・調査エリア:全国
・調査方法:同社営業職員が訪問により調査
・回答企業数:4,215社
・調査内容:①景況感 ②個別テーマ:ITの活用実態
<ポイント>
1.景況感
・「業況DI(自社の現在の業況)」は▲1.1pt(前月比▲0.7pt)と前月からほぼ横ばい、「将来DI」は6.6pt(前月比▲1.9pt)と悪化した。
2.個別テーマ:ITの活用実態
・働き方改革においてポイントとなる業務に関するITの活用実態について、「IT化の状況」や「IT化による効果」、「IT化を推進するうえでの課題」などを調査した。
●IT化の状況では、「IT化に取組んでいる」が約8割となった。
●IT化による効果では、「業務のスピードアップ」が約7割と最も多くなった。
●IT化を推進するうえでの課題では、「ITに関する知識不足」「セキュリティ面で不安がある」が約3割と最も多くなった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、デジタル通貨による価値交換プラットフォームとの協働

生保

エヌエヌ生命、「家業イノベーション・ラボ」、ANAホールディングスの「デジタル・デザイン・ラボ」と共同で家業後継者向けツアー企画を開始

生保

大同生命、「消費者志向自主宣言」の取組結果(2018年度)を発表

損保

AIG損保、「業務災害総合保険(ハイパー任意労災)」に業界初“がん通院治療費用支援特約(ハイパーメディカルプラス)”を追加

生保

エヌエヌ生命、新しい特約を付加したパッケージプラン「エマージェンシープラスセレクト」と「スマートタームセレクト」を発売

生保

大同生命、中小企業経営者アンケートで「景況感」と「外国人労働者の雇用実態」について調査

損保

東京海上日動、航空サプライチェーン保険を活用した航空宇宙産業支援を開始

生保

大同生命、Zoom社のユニファイド・ビデオ・コミュニケーション・プラットフォームを採用した業務革新の取組みを開始

生保

T&Dホールディングス子会社各社、「お客さま本位の業務運営」2018年度取組結果を発表

生保

アクサ生命、山形県と「健康長寿日本一の実現」に関する連携協定を締結

関連商品