シンニチ保険WEB

メットライフ生命、敬老の日にむけて「『老後を変える』全国47都道府県大調査」を実施

メットライフ生命は、「敬老の日」にむけて、全国47都道府県の20歳~79歳までの男女14,100人を対象に、「老後」に関する調査を実施し、その結果をまとめまた。
同調査は、人生100年時代の到来といわれるなか、「老後」についての年代間・地域間などの意識の違いや、「健康」、「お金」、「人とのつながり」などへの意識や傾向などに焦点をあてた。
同社では、お客さまが健康で豊かな老後を過ごせるよう、そして誰もが明るく豊かな老後を思い描くことができるよう「老後を変える」というテーマのもと、様々な取り組みを行っており、同調査はその一環として実施したものである。
1.世代間調査(全国版)
(1)20代~70代の全年代において、「老後の備えとして十分な金融資産と自ら想定している金額」と「現在の金融資産」を比較すると、どの年代も、約2,000万円前後の乖離があった。
(2)「老後に不安がない・あまりない」と回答した60代~70代のうち、4割以上(41.8%)が「資産運用をしている」と回答。金融資産額は平均して2,653万円であり、「老後の不安がある・ややある」と回答した同世代の金融資産額(平均1,545万円)と比較し、約1,100万円の差があった。
(3)老後に対する不安は、40代が最も高いが、それを過ぎた50代以降は減少傾向。男性に比べ女性の方が不安度が高いという結果に。老後に対する具体的な不安要因を年代別にみると、20代が30代~50代と比較して、「認知症」や「自らの介護」に対する不安感が「お金」に次いで高いという特徴的な結果になった。
(4)20代~30代が考える「老後を感じるきっかけ」は、「60代になったら」「年金を受給し始めたら」「退職したら」が上位。一方で、60代~70代が「老後と感じるきっかけ」は、年金や退職などの社会的要因より、「身体が思うように動かないと感じたら」「気持ちが老け込んだら」という自らの実感が高かった。
(5)人生100年時代、「何歳まで生きたいか」聞いたところ、20代が77.5歳と最も短く、60代~70代は84.5歳と最も長かった。男女別にみると、ほとんどの年代で平均寿命(男性81.09歳、女性87.26歳)に対して低く想定しており、寿命への意識と、実際の寿命にギャップがある可能性がみられた。また、相対的に男性が女性よりも自らの寿命を長く想定している結果になった。
(6)老後に積極的に取り組みたいことは、「趣味」、「旅行」、「家族で過ごす」が男女ともに上位。男女間の差が最も大きかったのは、人とのつながりを示す「友人と過ごすこと」。
2.地域間調査(都道府県版)
全国版調査からみえてきた、各都道府県に在住(※2)の60歳以上の傾向
・「資産」は、鳥取県、宮城県、兵庫県、和歌山県がそれぞれの項目で1位に。
・「健康」は、山梨県、神奈川県・京都府・熊本県がそれぞれの項目で1位に。
・「人とのつながり」は、島根県、徳島県、秋田県が、それぞれの項目で1位に。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、令和元年台風第19号に伴う災害に対する義援金を寄贈

損保

損保ジャパン日本興亜、セガ・ロジスティクスサービスと高齢者の運転寿命延伸を支援する「運転シミュレーター」を開発

生保

メットライフ生命、契約者向け、健康に関する商品付帯サービスを大幅拡充

損保

損保ジャパン日本興亜、『軽度認知障害(MCI)等一時金支払特約』発売

生保

太陽生命、「ひまわり認知症予防保険」が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

生保

富国生命、認知症重点プラン「ずっとあんしんケアダブル」の取扱いを開始

生保

アクサ生命と住友生命、「ウェルエイジングサポートあすのえがお」を一部地域で提供開始

損保

東京海上日動、エーザイと、認知症との共生と予防の実施にむけて業務提携

生保

フコクしんらい生命、「認知症予防からのそなえ」軽度介護保障特約の販売開始

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」

関連商品