シンニチ保険WEB

ジブラルタ生命、耳や言葉の不自由なお客さま向けの遠隔手話通訳サービスを導入

ジブラルタ生命は、プラスヴォイスと業務提携し、8月31日から、耳や言葉の不自由なお客さま向けの遠隔手話通訳サービスを導入した。
■「テレビ電話による遠隔手話通訳サ-ビス」の概要(コールセンターに導入)
同社ホームページの専用発信アイコンをクリックし、テレビ電話を通話発信すると、お客さまのスマートフォンやタブレット等の画面上に手話通訳者が表示され、お客さまと手話や筆談で会話し、その内容を同時に同社コールセンターのオペレーターに通訳する。同社コールセンターのオペレーターは三者間通話で、お客さまからの問い合わせや手続きの申出を受付ける。
新たに導入する「遠隔手話通訳サービス」の利用により、耳や言葉の不自由なお客さまもスムーズに問合せができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、よい仕事おこしフェア実行委員会の「小児がん啓発・応援プロジェクト」に賛同

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

損保

大同火災、「この島のあんしん・あんぜん白書(2021年度版)」を公表

生保

ジブラルタ生命、「サリバチェッカー(R)」に、新たに「胃がん判定」を追加

損保

損保ジャパン、会員制Webサイト「SOMPO Park」と三菱UFJ銀行の資産運用プラットフォーム「Money Canvas」を相互連携

生保

フコクしんらい生命、手話通訳・筆談サービスを開始

損保

三井住友海上、水災時の「被災者生活再建支援サポート」の提供開始

損保

三井住友海上、スマートフォン向け無料アプリ「スマ保 災害時ナビ」に「津波浸水想定区域の表示」、「安否情報グループ登録」、「多言語対応」機能を拡充

生保

ライフネット生命、「ライフネット生命アプリ」をリニューアル