新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

オリックス生命、第三分野商品の保険料改定と新特約を発売

オリックス生命は、2018年10月2日(火)より、第三分野商品の保険料を改定する。同時に、医療保険「新キュア」「新キュア・レディ」に付加できる3つの新特約を発売する。
今回の第三分野商品の保険料改定では、「新キュア」「新キュア・レディ」については、保険料払込期間が終身払の契約を中心に、多くの契約年齢帯で保険料を値下げする。
2018年4月に改定された「標準生命表」では全体的に平均余命が引き上げとなり、これにより入院・手術などの治療を受ける可能性が高まることから、第三分野商品の保険料は値上げ傾向にある。同社は、死亡率の改定など総合的な保険料率の見直しを行った結果、多くの契約年齢帯において、改定以前と同様に価格競争力のある保険料水準を維持するとともに、終身払を中心として値下げを行う。
さらに、「新キュア」「新キュア・レディ」に付加できる“3つの一時金保障”として、「入院一時金特約」「通院治療支援特約(退院時一時金給付型)」「先進医療特約(2018)」を発売する。これらは、入院日数の短期化や通院の増加など、近年の医療情勢の変化に伴うお客さまの多様なニーズに応え、入院準備費用や退院後の通院治療費などの負担を軽減することで、お客さまにより一層安心して治療に専念してもらうことを目的に新設した。
オリックス生命は、今後もシンプルで分かりやすい商品・サービスを提供し、多くのお客さまに選ばれる保険会社を目指していく。
●改定内容詳細は下記URLを参照
≪https://www.orixlife.co.jp/about/news/2018/pdf/n180816.pdf≫

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

生保

オリックス生命、「令和6年能登半島地震」により被災者へ義援金を寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品