シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、家業の担い手たちが集い、学び合う合宿型プログラム「家業イノベーション・クエスト」開催

エヌエヌ生命は、NPO法人ETIC.(エティック)と、NPO法人農家のこせがれネットワークと連携し、8月24日(金)、25日(土)の2日間、「家業イノベーション・クエスト」を開催する。
本イベントは、家業イノベーター予備軍(家業を実家にもつ高校生から若手社会人)を対象に、ワークショップ形式で行う。同じような環境にある参加者たち同士で集まり、家業を基盤に未来の自分や、キャリア、事業を考えぬくプログラムで、2日目の終わりにはアクションプランの立案と発表を目指している。そのため、ユニークな試みとして、家業を基盤に世の中を驚かすほどの転換を果たした、以下2名の先輩経営者の仕事現場を訪問し、果敢に挑む勇気や志などについて、直接対話を交わしながら考えを深める。
○訪問先 1: 全国の小さな蔵元による日本酒が揃う専門店「KURAND SAKE MARKET」
リカー・イノベーション株式会社 代表取締役 萩原 恭朗 氏
新しい時代の酒屋として、日本中のお酒の造り手と一緒に、日本の未来を創造している社長
直々に新たな戦略を伺う。
○訪問先 2: IoT プランターで食と農の未来を創る「プランティオ」
プランティオ株式会社 共同創業者・CEO 芹澤 孝悦 氏
家業のプランター業を進化させ、「みんなで野菜を育てる世界」を目指し、ユニークかつ大胆な発想のもと、世界で初めてAIとIOTをプランターに搭載することに成功させたことで知られ、多くの注目を集めている。その技術と新たな挑戦の行方を伺う。
◆イベント実施の背景
エヌエヌ生命では、中小企業を取り巻く環境において、後継者不足への取り組みを求められる中、その一助として、事業承継や人材育成に専門性を有する NPO法人ETIC.(エティック)、NPO法人農家のこせがれネットワークとともに「家業イノベーションラボ」実行員会を2017年11月に立ち上げた。
活動は、日本中に存在する家業イノベーター予備軍たちに、家業の持つ魅力や価値を発見し、新しい視点で家業の可能性を探求してほしいと考えている。そのため、先輩となる若手経営者の協力を得ながら、家業を基盤に、どんなチャレンジやイノベーションを起せるのか、また、家業への想いを実行に移すためのヒントなどを議論する半日ワークショップを全国で展開している。
これまでに開催したワークショップでは、「経営をしていく上で先代とどう向き合っていくのか、新しいチャレンジをし続けて負けない気持ちを持つことの大切さを学んだ」、「考えや思いや同じような悩みを共有できたことがよかった」などの感想が参加者より寄せられてる。
今回の「家業イノベーション・クエスト」は、当活動の一環となるものである。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、中小企業向け「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」の発売

生保

住友生命、「全国の経営者・管理職に聞く健康・スポーツ・老後意識」

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」の開催について

生保協会・団体

生保協会、「人生100年時代に必要なリテラシーと金融業界の役割」シンポジウムの詳細を決定

生保

住友生命、ロンドン発祥の社会活動「parkrun」を日本で開始

損保

東京海上日動、中小事業者向けの企業型確定拠出年金「スマートDC」の取扱いを開始

損保

損保ジャパン日本興亜、岸和田市との『包括連携協定』を締結

生保

大樹生命、青山学院大学における寄附講座を開講

生保

エヌエヌ生命「日本版スチュワードシップ・コード」の受入れを表明

損保

東京海上日動、【業界初】LINEで確定拠出年金の管理を開始

関連商品