シンニチ保険WEB

大同生命、視覚・聴覚に障がいのあるお客さまとのコミュニケーションの充実

大同生命では、全役職員による「ユニバーサルマナー検定3級(※)」の取得や、ホームページ上のテキストを音声で読み上げるリードスピーカーの全面導入など、高齢者や障がい者を深く理解し、お客さま一人ひとりに配慮した真心のこもった対応の実践を進めている。
今般、視覚・聴覚に障がいのあるお客さまとのコミュニケーションの充実のため、新たなサービスの取扱いを開始した。
※「ユニバーサルマナー検定」
高齢者や障がい者、ベビーカーの利用者など多様な人々へ向き合うための「マインド」と「アクション」を体系的に学び、身につけるための検定である(日本ユニバーサルマナー協会主催)。
<サービス内容>
1.保険証券等の点字書面・音声変換用データによる提供
・視覚に障がいのあるお客さまからの要望に応じて、保険証券等を「点字書面」または「音声変換用データ」にて提供する。
2.コールセンターにおける手話通訳サービスの提供
・聴覚や発話に障がいのあるお客さまからの問い合わせを、手話通訳オペレータ(ミライロと提携)がサポートする。お客さまはスマートフォン等のビデオ通話を使い、手話または筆談で問い合わせができる。
<サービス開始日>
・平成30年8月10日(金)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

生保

明治安田生命、ふるさと関西を考えるキャンペーン47年目冊子「関西の色とりどり」を発行

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

大同生命、「夏のウォーキングキャンペーン」を通じたSDGsに貢献

生保

三井住友海上あいおい生命、健康リスク予測Webサービス「撮るだけ健康チェック」の提供を開始