シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、「SOMPO認知症サポートプログラム」の展開を発表

SOMPOホールディングスは、「お客さまの安心・安全・健康に資するサービスを提供し、社会に貢献する」という経営理念の実現に向け、認知症に関する社会的課題に注目し、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」を目指す「SOMPO認知症サポートプログラム」を新たに展開する。その第一弾として、2018年10月から、同社のグループ会社を通じ、認知機能低下の予防を目的とした認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」と、MCI(軽度認知障害)の段階で保険金を支払う「リンククロス笑顔をまもる認知症保険」の提供を開始する。
1.背景
MCIと認知症高齢者の国内における総数は、2012年に約862万人と推計されている。2025年には約1,300万人に達するとの予測もあり、要介護者の増加による介護職員の不足等のさまざまな認知症に関する社会的課題が増加していくことが想定されている。国内最大規模の保険事業および介護事業を展開する同社グループは、お客さまの幸せな人生をサポートする「安心・安全・健康のテーマパーク」を構築し、認知症に関する社会的課題の解決に貢献するため、2017年9月に包括連携協定を締結した「国立研究開発法人国立長寿医療研究センター」からのアドバイス等を活かし「SOMPO認知症サポートプログラム」を開始することとした。同社グループは「公益社団法人認知症の人と家族の会」をはじめとした認知症の方とその家族、介護スタッフからの声等もふまえて、「SOMPO認知症サポートプログラム」を展開していく。
2.「SOMPO認知症サポートプログラム」(以下「同プログラム」)について
(1)同プログラムの目的
同社グループは、認知症を正しく理解することによる認知症への誤解・偏見をなくし、以下のような「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」の実現を目指すため、同プログラムをグループ横断で展開する。・認知症の発症および進行を遅らせるために重要なMCIの早期発見と認知機能低下を予防する取組みが浸透している社会・認知症に対する正しい知識やケア技能の向上により、介護者(その家族を含む)の介護負担が軽減され、認知症になっても自分らしく安心して暮らせる社会
(2)同プログラムでの取組み
同プログラムにおいて、以下の取組みを順次展開し、その第一弾として下記3、4を提供する。
①認知症関連のサービス・商品の開発および提供
②認知症に関するエコシステムの構築
③認知症に関する各種研究
④認知症に関する啓発・支援活動
3.認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」(以下「同サービス」)について
(1)概要
同サービスは、認知機能低下・MCIの早期発見、認知機能低下を予防するための取組み、認知症になった場合の適切なケア等を支援するための情報提供、サービス紹介等を行う。
(2)主なサービス内容
①認知症に関する基礎知識・情報の提供
MCIや認知症の早期発見に向けた行動につながる認知症の仕組み等の基礎知識、認知症の最新情報、専門家のコラム、当事者団体の情報等を提供する。
②認知機能チェックツールの提供
認知機能チェックツールを提供し、認知機能低下・MCIの早期発見に寄与する。結果データを同サービス上で蓄積するため、経年での変化を追うことが可能である。
③認知機能低下の予防サービスおよび認知症介護関連サービスの紹介
MCIからの回復や認知症の発症、進行遅延の可能性を高めるための認知機能低下の予防サービスや介護関連サービスを紹介する。
(3)サービスパートナー
同社グループは、認知機能低下の予防サービス(運動、学習や音楽等の領域)や認知症介護関連サービス(介護サービス等の領域)を提供するサービスパートナー企業等と提携することにより、認知機能低下の予防につながるエコシステムを構築し、幅広いサービスを紹介・提供する予定である。なお、サービスパートナー企業等は、サービス開始時点で20社程度を予定している。
(4)同サービスの提供方法
同サービスは、介護離職を防止する保険「親子のちから」(引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜)およびMCI・認知症と診断された際に一時金が支払われる「リンククロス笑顔をまもる認知症保険」(引受保険会社:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険)の付帯サービスとして提供を開始する。
(5)同サービス運営会社
同社グループでアシスタンス事業を展開する株式会社プライムアシスタンスが同サービスを運営する。
4.「リンククロス笑顔をまもる認知症保険」について
「リンククロス笑顔をまもる認知症保険」(払込期間中無解約返戻金限定告知骨折治療保険、以下「本商品」)は、業界初となるMCIを保障する健康応援型商品である。MCI・認知症の早期発見や認知機能低下を予防するための情報提供・サービス紹介等を行う認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」、MCIや認知症を一時金で保障する本商品による保険機能、万が一介護が必要となった場合でもお客さまを支援する同社グループの介護サービス等を提供することにより、認知症の発症および進行を遅らせるとともに、介護までを一貫してサポートする。
5.今後の展開
同社グループは、グループ横断で同プログラムを展開することで、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」の実現に貢献していく。また、認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」は、グループ内だけでなく、さまざまな商品の付帯サービスとしての採用拡大を目指する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、モーショントレーニングツールTANOの体力測定メニュー「TANOCHECK」開発に「Future Care Lab in Japan」が協力

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「再造林等費用補償特約」を発売

損保

東京海上日動、「電力卸売価格変保険」の販売開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

メディケア生命、オンライン診療「curon(クロン)」の提供開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売