新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動あんしん生命、医療保険「メディカルKit R」改定を発表

東京海上日動あんしん生命、使わなかった保険料が戻ってくる新しいカタチ医療保険「メディカルKit R」を2013年に開発し、お客様から好評を得てきた。このたび、より幅広いお客様ニーズに応えるため、新たなプラン「生存保障重点プラン(特定疾病保険料払込免除特則付加)」を8月2日(木)より発売する。
「メディカルKit R」、所定年齢までに払込んだ保険料から、それまでに受け取る入院給付金等合計額を差し引いた残額を70歳等所定年齢時に健康還付給付金として受け取れる保険である。
今般、従来商品内容に加え、疾病により所定治療等を受けた場合に、将来保険料払込が免除になるとともに、健康還付給付金を前倒しで受け取れる「生存保障重点プラン「生存保障重点プラン「生存保障重点プラン「生存保障重点プラン(特定疾病保険料払込免除特則付加)」(特定疾病保険料払込免除特則付加)」(特定疾病保険料払込免除特則付加)」(特定疾病保険料払込免除特則付加)」を新たに発売する。
本プラン、「がんなど重い病気になった場合に、以降保険料支払い免除して欲しい」というお客様からの声に応えたものである。更に、従来、70歳等所定年齢時に受け取ることができる健康還付給付金を、重篤な病気に罹患した場合に、その時点で前倒しで受け取ることができる。これにより、治療費等に活用できるようになり、より手厚くお客様を守ることができるプランとなった。
【参考】従来「メディカルKit R」特徴2つR機能
◆新しい生存保障重点プラン、従来下記特徴に加えて表面記載仕組みが追加となった。
①払い込んだ保険料の使わなかった分をリターン(Return)
所定年齢までに払い込んだ保険料、「健康還付給付金」もしく、「入院給付金 等」として受取ができる。
② 一生涯医療保障を加入時の手ごろな保険料でリザーブ(Reserve[予約])
健康還付給付金を受け取ったあとも、主契約保険料加入時ままで変わらず、医療保障一 生涯続く。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、北洋銀行で「そだてる年金US」を販売開始

関連商品