新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

T&Dフィナンシャル生命、『長寿プレミアム』の販売開始

T&Dフィナンシャル生命は、「人生100年時代」の到来に向け、ますます長くなるセカンドライフを安心しながら楽しく充実して過ごすために『無配当長寿生存個人年金保険(低解約払戻金・Ⅰ型)/販売名称「長寿プレミアム」』を7月17日より販売開始する。
「長寿プレミアム」は、据置期間中の災害死亡保険金は一時払保険料(基本保険金額)の100%*1となる。 その上で、災害死亡保険金の支払事由に該当せず死亡した場合の死亡保険金、解約払戻金を一時払保険料の 70%に抑制することにより「トンチン性」*2を高め、年金原資を増加させる業界初*3の一時払個人年金保険である。
据置期間満了後にそなえて準備した資金を受取ることに加え、契約日の1年経過後から定期支払金を 受取れるプランも選択可能であり、「人生100年時代」に「そなえ」て、「たのしむ」「うけとる」しくみを準備できる個人年金保険である。
■「長寿プレミアム」の主な特徴
<そなえる>
・据置期間中の災害死亡保険金は一時払保険料の100%*1となる。
・据置期間中の死亡保険金*4、解約払戻金を一時払保険料の70%に抑制することで長生きした場合の年金原資を増加させる。
・基本プランは「円」、「豪ドル・米ドル」から選べる。運用通貨として「豪ドル・米ドル」 を選択した場合、海外の高金利を活用して、円よりも年金原資をさらに増やすことが期待できる。
<たのしむ>
・運用通貨として「豪ドル・米ドル」を選択された場合、基本プランに加え、定期支払プランを選べる。
・定期支払プランを選択した場合、契約日の1年経過後から、毎年、指定された口座に自動的に定期支払金が振り込まれるので、お金の受取りを楽しみながら、長生きに備えることができる。
<うけとる>
・据置期間満了後に受取る場合、「確定年金」「保証期間付終身年金」「年金原資確保型終身年金」から選択できる。
・年金での受け取りに代えて年金原資を一括で受け取ることも可能である。
*1 運用通貨が「豪ドル・米ドル」の場合、災害死亡保険金は一時払保険料の100%に為替変動率を乗じた金額となる。
*2 「トンチン性」とは、「死亡した人の保障を抑え、その分を長生きした人の年金に回すしくみ」により、長生きした人ほど、より多くの年金を 受取れることをいい、イタリア人のロレンツォ・トンティが考案した保険制度に由来している。
*3 T&Dフィナンシャル生命調べ(2018年6月末時点)。2018年6月末時点の生命保険各社の一時払保険を調査対象としている。
*4 災害死亡保険金の支払事由に該当せず死亡した場合。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」にそれぞれ6年連続で認定

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品