新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、和歌山市と第一生命と地方創生の推進に関する『連携協定』を締結

損保ジャパン日本興亜は、市民サービスの向上や地域活性化に関する取組みにおいて、和歌山市および第一生命の3者で連携協定を6月29日に締結した。
なお、損保ジャパン日本興亜と自治体、第一生命の3者による連携協定は全国初の取組みになる。
1.背景・経緯
・損保ジャパン日本興亜は「行政、NPOなどとの地域の課題解決に向けた協働を通じ、持続可能な社会づくりに貢献をすること」をCSRの重点課題のひとつとしている。
・損保ジャパン日本興亜と第一生命は2000年8月に包括業務提携を締結し、両社で地方創生に資する取組みについて意見交換を行ってきた。
・今回、両社は損保ジャパン日本興亜が持つ業務ネットワーク、リスク管理ノウハウ・データや女性活躍の取組み実績と、第一生命が持つ地域に密着したネットワークや健康・医療に関する知見等を、市民サービスの向上と地域活性化に貢献するため、和歌山市に連携協定を提案し、このたび協定に至ったものである。
2.協定の目的
和歌山市と第一生命および損保ジャパン日本興亜は、緊密な相互連携と協働による活動を推進し、市民サービスの向上、地域の活性化に取り組む。
3.協定の主な内容
第一生命および損保ジャパン日本興亜、両社の強みや特徴が活かせる分野において業務連携を行う。具体的には以下の3分野で連携する。
(1)女性活躍推進に関すること
(2)健康長寿の推進に関すること
(3)防災・減災の推進に関すること

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会和歌山支部と「健康経営の普及を目指した相互協力・連携にかかる覚書」締結

生保

第一生命、2024年4月1日付組織改編

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

太陽生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

関連商品