シンニチ保険WEB

日本生命、日本生命栄町ビル跡地における新築計画を発表

日本生命は、同社が名古屋市に所有する「日本生命栄町ビル」跡地(以下「同地」)における新築計画について、大丸松坂屋百貨店と合意した。同社は新築予定の建物を大丸松坂屋へ賃貸し、大丸松坂屋が商業施設を運営する。
同地は名古屋市の商業の中心である大津通りと広小路通りの交差点に位置し、地下鉄栄駅に近接することから、アクセス・利便性に優れた立地となっており、高い収益性が期待される。
大丸松坂屋と魅力ある商業施設を開発することで、より一層の賑わいと活力のある街づくりに貢献していく。
今後も、優良不動産等への積極的な投資を通じて長期・安定的な運用収益を確保することで、契約者利益の一層の拡大に努めるとともに、日本経済・産業の発展に寄与していく。
<計画概要>
所在地:愛知県名古屋市中区錦三丁目24番17号
交通:地下鉄東山線・名城線「栄」駅徒歩1分
事業主:日本生命保険相互会社
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造
階数:地上6階、地下2階
敷地面積:1,084㎡
延床面積:6,343㎡
竣工:2020年

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保その他

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況を発表

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

生保

三井住友海上あいおい生命、組織改編を発表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務に関する届出制の運用に係る郵政民営化委員会の方針案に対する意見書を提出