シンニチ保険WEB

FWD富士生命、お客さま本位の業務運営方針に基づく取組状況を公表

FWD富士生命は、2017年6月にお客さま本位の業務運営方針の策定に関して公表している。今般、当該方針に基づく取組状況について取りまとめたため発表する。
1.お客さま本位の業務運営の徹底
●FWDグループのビジョンやコーポレートバリューに則り、役職員ひとりひとりがお客さまの視点で行動することで、お客さまの最善の利益を図ることに努める。
●お客さま本位の行動が役職員に浸透するよう教育研修を実施すると共に、評価体系を整備する。
2.最適な商品・サービスの開発
●商品・サービスの開発にあたっては、販売対象と想定されるお客さまが必要とする保障を選別し、シンプルで分かりやすい商品・サービスを開発・提供する。
3.情報提供の充実
●お客さまの取引経験や金融知識を考慮のうえ、明確かつ平易であって、誤解を招くことのない誠実な内容の情報提供を行う。
4.利益相反の適切な管理
●お客さまの利益を不当に害するおそれのある取引を、適切に管理できる体制を整備する。
5.お客さまの声を経営に活かす取組
●不満・要望を含め、お客さまの声を幅広く収集し、業務の改善に積極的に活かして行く。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

FWD生命、2021年度決算概要を発表

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

生保

FWD生命、『FWD医療』にがん診断給付金特約を新設、特定3大疾病給付金特約の保険料改定