シンニチ保険WEB

太陽生命の森林(もり)で『森林教室』を実施

太陽生命は、「太陽生命の森林(もり)」において、日本ダウン症協会の人々を招き『森林教室』を実施する。
同社は、平成18年3月に栃木県那須塩原市の国有林4.81haを借り受け、社員ボランティアによる健康な樹木を育てるための間伐や林道整備などの森林整備活動を行ってきた。継続した活動を行うことで、手入れが行き届かず暗かったカラマツの人工林は、太陽の陽が射し込む明るい森林へと生まれ変わり、動植物の生態にも多様性がみられるなど、親しみやすい森林づくりが進んでいる。
日本ダウン症協会とは、同協会が主催するイベントに社員がボランティアとして参加するなど様々な交流を続けてきたが、今年も同協会栃木支部に所属する家族を招き『森林教室』を実施する。
●「太陽生命の森林『森林教室』」実施概要
 1.日時:平成30年5月26日(土)10:30~15:40
 2.場所:太陽生命の森林(栃木県那須塩原西山国有林)
 3.参加者:日本ダウン症協会栃木支部、同社社員ボランティア
 4.内容:森林散策、森林のお楽しみ会(野点、森林セラピー体験、ダンス、合唱など)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈