新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

プルデンシャル生命、認定NPO法人「Homedoor」に社内表彰賞金1万ドルを寄付

プルデンシャル生命は、認定NPO法人「Homedoor」に1万ドルを寄付した。同社では、約4,000人のライフプランナー(営業社員)の中から創業者の名を冠した「坂口陽史ゴールデン・ハート・メモリアル・アワード」の受賞者を毎年1人選定し、1万ドルの寄付先を選定する権利を贈っている。2017年度の受賞者である中村将幸氏は、認定NPO法人「Homedoor」を寄付先に選定した。
「Homedoor」理事長の川口加奈さんは、17歳のときに、ボランティア活動に取り組む青少年を称える「PRUDENTIAL SPIRIT OF COMMUNITY(以下、SOC)第11回ボランティア・スピリット・アワード(2007年度)」(主催:プルデンシャル生命ほか)に応募し、その年の米国親善大使に選ばれ、SOC全米表彰式に招待された。そして、2010年4月に、「ホームレス状態を生み出さない日本の社会構造をつくる」ことをビジョンに、認定NPO法人「Homedoor」を設立した。
中村将幸自身、SOC全米表彰式に参加する学生をボランティアとして引率した経験がある。その経験から、SOCの受賞者であり、継続して社会の課題を解決するためリーダーシップを発揮している川口さんを支援したいと、寄付金の贈呈先を「Homedoor」に決めた。寄付金は、4月からスタートした、ホームレスに住居を提供するプロジェクト『アンドセンター』のために使われる予定である。
■「坂口陽史ゴールデン・ハート・メモリアル・アワード」について
プルデンシャル生命の創業者であり、米国プルデンシャル・ファイナンシャルの国際保険事業の育ての親である故・坂口陽史氏を偲んで、2002年に創設された。「業績」に加え、「契約継続率」「コンプライアンス」「社会貢献度」などが評価項目となり、営業社員の中から1名が受賞者に選出される。同賞では、受賞者の指定する慈善団体に1万ドルが寄付される。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

協会・団体損保

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第34期寄付金を贈呈

損保

アニコム損保、アニコムグループの保護動物シェルター「ani TERRACE」で「老犬ホーム」の運営を開始

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

損保

損保ジャパン、品川グループ・富山県「立山の自然を守る活動~立山弥陀ヶ原周辺外来植物除去活動~」を実施

損保

大同火災、沖縄県交通遺児育成会へ寄付

生保

生保協会、「セイホスカラーシップ」2024年度奨学生7名を決定

関連商品