新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、「国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)」を取得

大同生命は、3月30日付で、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が実施する「国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)」を取得した。
『中小企業とそこで働くすべての方を様々なリスクからお守りする』同社の使命を果たすため、大規模災害等の緊急事態発生時においても、保険金等の支払いを中心に重要な業務が継続できるよう、定期的に訓練を実施し、「事業継続態勢(BCM)」の整備に努めていく。 今回の認証取得は、これまでの「事業継続態勢」に対する持続的な取組みが評価されたものと考えている。 同社は、今後も事業継続態勢の向上をはかり、お客さまに「最高の安心」と「最大の満足」をお届けする生命保険会社を目指す。
■「国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)」の概要
○内閣官房国土強靭化推進室より、平成28年4月に「認証組織 の要件」に適合する旨の確認を受けた認証団体(一般社団法人 レジリエンスジャパン推進協議会)による認証制度。
○本制度は、「強くしなやかな国民生活の実現のためには、国や 地方公共団体のみならず、一般の企業・団体における事業継続への積極的な取組みが重要」という考えのもと、その取組みを一般の企業・団体に一層広めることを目的としている。 ○本制度は「国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドライン」※ に基づき、事業継続に関する取組みを積極的に行っている企業・団体を「国土強靭化貢献団体」として認証するものである。
※内閣官房国土強靭化推進室が平成28年2月に制定。
[参考] 事業継続態勢(BCM)に関する具体的な取組み
1.危機事態の認識・事業継続計画(BCP)
(1)政府等から発表される被害想定等から危機事態を認識
(2)想定事象に対する事業継続計画(継続業務・暫定対応・復旧の目標等)を作成
2.インフラ・マニュアル等の整備
(1)事業継続計画を実現するための施設・システム・マニュアル等の整備
①対策本部設置場所、暫定対応拠点、PC等のインフラ確保
②バックアップシステム構築、復旧のシステム化を実施
③各種マニュアルの作成
3.訓練・モニタリングによる有効性検証
(1)初動、暫定、復旧の各段階での訓練によるインフラ・マニュアル等の有効性を確認
(2)実際に発生した危機事態懸念事案への対応の検証(重要設備故障、システムの停止等)
(3)政府等から発表される被害想定の見直しや危機事態につながるおそれのある事象のモニタリング(災害、電力不足、感染症、サイバー攻撃 等)
4.改善(実効性の向上)
(1)モニタリング等により認識した課題に対する改善
①南海トラフ大地震の「更に厳しい被害想定」の公表
・事務部門の複数拠点化、本社ビルの対応力強化
②東京都帰宅困難者対策条例の施行
・飲料水・食糧等の備蓄量の変更

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、大同生命、富士フイルムホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

損保

イーデザイン損保、カスタマーサポート表彰制度優秀賞を受賞

生保

明治安田生命、「2024年度カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞」を受賞

生保

アフラック生命、「Insurance Asia Awards2024」で5年連続で受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、「Insurance AsiaAwards2024」で2部門を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価にて現地トヨタ保険が11年連続13回目の総合1位を獲得

損保

MS&ADホールディングス、CVCが「GCVパワーリスト賞2024」に選出

生保

大同生命、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)シグネチャーパビリオン「いのちめぐる冒険」に協賛決定

生保

プルデンシャル生命、Forbes誌「World’s Best Insurance Companies2024」に選出

生保

大同生命、特別展示『大同生命の源流加島屋と広岡浅子』新企画展に新たな資料を追加~新紙幣の五千円札の肖像となる津田梅子と広岡浅子との関わりを紹介

関連商品