新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命が2022年度に東京本社機能を八重洲に移転

住友生命は、東京本社機能の移転を発表した。
移転へ向けて、移転後のオフィス環境に適合するようワークスタイルの変革を推し進めるとともに、お客さまからみて「一番薦めたい保険会社」の実現を目指し、お客さま目線での更なるサービス向上に努めるとしている。
1.移転先
「八重洲二丁目北地区市街地再開発A-1街区オフィス棟(建築中)」
東京都中央区八重洲二丁目1番、2番の一部及び3番
2.移転時期
2022年度(予定)
【八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業計画概要】
・事業主体:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
・所在地:東京都中央区八重洲二丁目1番、2番の一部及び3番
・主要用途:事務所、店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、交流施設、駐車場等
・敷地面積:13,434㎡
・延床面積:約293,060㎡
・階数:〈A-1街区〉地上45階、地下4階、〈A-2街区〉地上7階、地下2階
・建物竣工:2022年8月(予定)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

生保

ライフネット生命、新たな経営方針及び中期計画策定

生保

ライフネット生命、11月に本社移転へ

生保

住友生命、The Empathy Project Ltd.へ出資、包括的なグリーフケアの取組みを開始

生保

住友生命、株式会社エナジードとの子どもの教育領域における事業共創を本格化

生保

第一生命等、虎ノ門アルセアタワーのワーカーサポート施設の概要決定

生保

日本生命、緑豊かなオープンスペースやグリーン電力の導入など環境にも貢献するZEB高層オフィスビル「赤坂グリーンクロス」を竣工

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

関連商品