新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

カーディフ生命が営業開始

カーディフ生命は、このほど、日本法人の生命保険会社として営業を開始した。
同社は、フランスの「BNPパリバ・カーディフ(BNP Paribas Cardif)」を親会社とする生命保険会社「カーディフ・アシュアランス・ヴィ」の日本支店として2000年4月に日本で事業を開始し、金融機関の商品と保険を組み合わせて新たな価値を創出する“バンカシュアランス”というビジネスモデルのもと、住宅ローンに付帯する団体信用生命保険(団信)を中核に事業拡大してきた。今般、より一層日本市場に根差し、信頼される保険会社を目指して日本法人へ会社形態を変更し、4月1日付で営業を開始した。
【会社概要】
・会社名 カーディフ生命保険株式会社 Cardif Assurance Vie Japan
・本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
・資本金 206億円
・営業開始日 2018年4月1日
・代表者 代表取締役社長  久米 保則
なお、日本支店が引き受けたお客さまの保険契約を含む事業のすべては、監督官庁である金融庁の許認可を含めた関連法令上の諸手続きを完了し、4月1日付で日本法人に移転・譲渡。
これに伴なうお客さまの契約や問い合わせ窓口、商品やサービスの内容に変更はない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、「資産運用立国」の実現に向けた東京海上グループの取り組みについて

生保

T&Dホールディングス、第20回定時株主総会第2号議案に関する議決権行使助言会社ISS社の反対推奨について見解を発表

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

生保

第一生命ホールディングス、株式会社ベネフィット・ワンの完全子会社化

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

損保

東京海上ホールディングス、子会社の役員に対する譲渡制限付株式ユニット(RSU)によるRSU)による事後交付型株式報酬制度の導入

損保

東京海上ホールディングス、政策株式を売却へ

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得に係る事項を決定

損保

東京海上ホールディングス、剰余金の配当について発表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

関連商品