シンニチ保険WEB

日本生命、 独資産運用会社ドイチェ・アセット・マネジメント(DWS)への出資完了

日本生命は、3月12日付で公表したグローバルな資産運用会社であるDWS1(CEO:ニコラ・モロー、本社:フランクフルト)の株式5%の取得について、所定の手続きを経て3月27日付(中央ヨーロッパ時間)で出資を完了した。
DWSは、2018年3月23日にフランクフルト証券取引所でIPOを実施しており、当該IPOにおける売出株式数は普通株式4,450万株(発行済み株式数の22.25%相当)、売出価格は一株あたり32.5ユーロとなった。同社は当該IPOに合わせて1,000万株(同5%相当)を3.25億ユーロ(約421億円)で取得した。
DWSは40カ国に展開し、約7,000億ユーロ(約95兆円、2017年12月末)の預かり資産を有するグローバルな資産運用会社。アクティブファンドからパッシブファンド、伝統資産である株式、債券からオルタナティブまで幅広い運用ケイパビリティを有し、グローバルな販売ネットワークや先進的なインフラにも強みを有する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

生保

マニュライフ生命の全額出資子会社MFAが金融商品仲介業でアイザワ証券と業務委託契約、アイザワ証券子会社のライフデザインパートナーズともパートナーシップを構築

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

住友生命、TORANOTECと事業共創をスタート

生保

日本生命、同社初のグリーンローン契約を締結

生保

日本生命、「子育てみらいコンシェルジュ」が第15回キッズデザイン賞受賞

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、カーボンニュートラル社会の実現に向けた新たなサービスの開発のため関西電力と協業

生保

住友生命、エクサウィザーズと“Well-being Tech”領域で業務提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と資本業務を提携