新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービスを開始

明治安田生命は、3月26日から、 先進医療のなかで「陽子線治療」と「重粒子線治療」を対象に、先進医療給付金の医療機 関あて直接支払サービスを開始した。 公的医療保険制度の保険給付対象外である先進医療のなかで、特に技術料が高額な「陽子線治療」や「重粒子線治療」を受療された契約者は、高額な技術料を一時的に負担する必要があった。 このサービスの開始により、一時的な技術料の負担なく、安心して治療 に専念できるようになる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

関連商品