シンニチ保険WEB

明治安田生命、先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービスを開始

明治安田生命は、3月26日から、 先進医療のなかで「陽子線治療」と「重粒子線治療」を対象に、先進医療給付金の医療機 関あて直接支払サービスを開始した。 公的医療保険制度の保険給付対象外である先進医療のなかで、特に技術料が高額な「陽子線治療」や「重粒子線治療」を受療された契約者は、高額な技術料を一時的に負担する必要があった。 このサービスの開始により、一時的な技術料の負担なく、安心して治療 に専念できるようになる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、無配当総合福祉団体定期保険「健康経営割引制度の導入」

損保

AIG損保、業界初、電子マネー決済対応の海外旅行保険専用新型自動販売機(専用端末)を導入

生保

生保協会、「外貨建保険販売資格試験」を創設

生保

明治安田生命、2020年度「明治安田生命Jリーグウォーキングプログラム」を始動~専用アプリを展開~

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

生保

明治安田生命、2020-2021年度経済見通しを作成

損保

三井住友海上、チャットボットによる自動車保険の住所変更手続きサービスを開始

生保

明治安田生命、2019年度第3四半期の業績を発表

損保

三井ダイレクト損保、お客さまセンター営業時間を変更

生保

マニュライフ生命、第14回全国高校生金融経済クイズ選手権エコノミクス甲子園全国大会大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝

関連商品