シンニチ保険WEB

日本生命、独資産運用会社ドイチェ・アセット・マネジメント(DWS)へ出資

日本生命は、グローバルな資産運用会社 であるDWS1(CEO:ニコラ・モロー、本社:フランクフルト)への出資に関して、同社の親会社であるドイチェ・バンクAG(CEO:ジョン・クライアン、本社:フランクフルト、 以下「ドイツ銀行」 )とDWSの3社で合意した。
DWSはドイツ銀行のアセットマネジメント部門であったが、事業分離に伴い2018年3月23日にIPOを予定しております。当社は当該IPOに合わせ、DWSの株式5%を取得し、DWSに設置されるスーパーバイザリーボード2への派遣(1名)を予定している。
DWSは40カ国に展開し、約7000億ユーロ(約95兆円、2017年12月末)の 預かり資産を有するグローバルな資産運用会社である。アクティブファンドからパッシブファンド、伝統資産である株式、債券からオルタナティブまで幅広い運用ケイパビリティを有し、 グローバルな販売ネットワークや先進的なインフラにも強みを有する。このような点が、 当社が志向するグループ内の生命保険会社の資産運用力向上とアセットマネジメント事業 強化に資すると判断し、今般の出資を決定した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、オープンイノベーションファンドへの戦略的出資を実施

生保

第一生命、【インパクト投資】株式会社QDレーザへ投資を実施

生保

住友生命、アクサ生命、高齢者住宅紹介会社の笑美面と資本提携

生保

日本生命、宮城県で大規模ビジネスマッチングイベント開催

生保

第一生命、米国商業用不動産ローン(CML)への投資

生保

第一生命、株式会社MOLCUREへ投資

生保

日本生命、2018年度第2四半期(上半期)の業績を発表

生保

第一生命ホールディングス、生命保険業界初『ニューロトラック認知機能テスト』を提供開始

生保

SBI生命、沖縄銀行と提携 住宅ローン向けに団体信用生命保険の提供を開始

損保

MS&ADホールディングス、国連環境計画・金融イニシアティブのTCFD保険ワーキンググループへ参画

関連商品