新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラック、<生きるためのがん保険Days1><生きるためのがん保険Days1プラス>を発売

アフラックは、保障内容を大幅に強化した新しいがん保険<生きるためのがん保険Days1>を4月2日に発売する。
1974年に日本初のがん保険を発売したアフラックは、これまで40 年以上にわたり、時代に合わせてがん保険を進化させてきた。本商品は、同社の豊富な経験を活かし、“将来の医療環境の変化を見据え、より多くの顧客の不安を取り除く、顧客が自分らしく生きるためのがん保険”というコンセプトのもと開発したもの。働き盛りの世代におけるがん罹患者の増加、より有効で高額な治療技術の登場、収入減少の最中に生じる保険料負担及び治療費以外の経済的負担等に対応する保障を設けることで、これまで以上に充実したがん保険へと生まれ変わる。
また、すでに同社のがん保険に加入している顧客が、自身のがん保険を最新の保障にアップグレードするための<生きるためのがん保険Days1プラス>も同時に発売する。
<生きるためのがん保険Days1>の主な特長
1. 4 つの特約を新設
・診断給付金の金額を合理的に設定し、経済的負担の大きいケースで診断給付金を手厚くする「特定診断給付金特約」を設ける。
・がんの罹患による収入の減少に備えるため、「特定保険料払込免除特約」を設ける。
・緩和療養(がんによる痛みを緩和するための治療や緩和ケア)に備えるため「緩和療養特約」を設ける。
・がん罹患者のQOL を向上すべく、がん治療の副作用や手術による外見上の変化(脱毛など)に対するケアを目的とした「外見ケア特約」を生命保険業界で初めて設ける※。
※がんの治療による頭髪の脱毛に対する保障として生命保険業界初 2018年1月時点(同社調べ)
2. 「通院給付金」「手術治療給付金」「診断給付金複数回支払特約」の支払事由の拡大
・通院給付金の支払事由を拡大する。
・手術治療給付金の対象手術に骨髄移植を追加する。
・診断給付金複数回支払特約の支払事由を拡大する。
3. 特別保険料率の新設
「肝臓・腎臓・肺」の慢性疾患をお持ちの方でも、所定の条件を満たせば、特別保険料率の適用によって加入することが可能になる。
4. 「がん治療に伴う生活情報サービス」の導入
がんになっても「自分らしく過ごしたい」という想いに応えるため、がん治療中の方々に役立てられる、さまざまな生活情報を集約したガイドブックを提供する新たなサービスを開始する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

関連商品