シンニチ保険WEB

アクサ生命、割安な保険料で中小企業経営者のニーズに応える長期保障の定期保険を販売

アクサ生命は、2月19日から『アクサの「長期保障」の定期保険 フォローアップライフ』(正式名称:災害保障重点期間設定型定期保険)の販売を開始する。
『フォローアップライフ』は、契約当初の一定期間、災害以外を原因とする死亡保険金を抑制することで割安な保険料を実現し、さらに告知扱で保険金額5億円までの高額な保障に加入できる、中小企業経営者のニーズに応えた定期保険。
法人のお客さまは「経営リスク」への備えとして「事業継続資金」や「運転資金」、「役員退職慰労金」の準備に、個人のお客さまは「長期保障」として、遺族の生活費の準備や相続対策などに活用できる。
また、法人契約の場合は「アクサメディカルアシスタンスサービス」の『メンタルサポートサービス』※2も無料で利用できる。経営者と従業員が安心で健やかな生活を過ごしてもらえるよう、47都道府県、230ヶ所の国内最大級のカウンセリングネットワークを通じて、臨床心理士を中心とした心理カウンセラーが、経営者や従業員に面談や電話によるカウンセリングを提供し、こころの問題解決をサポートする。
■『フォローアップライフ』の特長
・98歳までの長期の死亡保障を割安※1な保険料で準備できる。
・まとまった資金が必要になったときには、契約者貸付や払いもどし金を活用できる。
・3つの告知項目で申込みが可能で、医師の診査は不要。
・「払済終身保険」に変更し、保険料を負担することなく一生涯の保障として契約を継続することもできる。
※1 契約から一定期間は災害以外を原因とする死亡保険金を抑えるため、その分保険料が割安になっている。
※2 本サービスは、ティーペック株式会社が提供する。アクサ生命が提供する保険商品の一部を構成するものではない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、「解約返戻金抑制型医療保険」の改定と新特約の販売を開始

損保

楽天損保、ゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」の契約件数が10万件を突破

生保

T&Dフィナンシャル生命、2金融機関にて『ハイブリッド アセット ライフ』の販売を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、業界初自動車保険における中断制度の対象事由に「重度傷病による運転不能」を追加

生保

はなさく生命、引受緩和型定期保険「かんたん告知はなさく定期」を発売

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け「行方不明時の捜索費用補償」の販売を開始

損保

共栄火災、JA安心倶楽部「充実プラン」の販売が伸長

生保

第一生命、入院一時金保険(限定告知型)を発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、横浜銀行にて『家計にやさしい収入保障』の販売を開始

生保

クレディ・アグリコル生命、変額個人年金保険(11)「攻守力」を広島銀行を通じて販売開始

関連商品