シンニチ保険WEB

PGF生命、目が不自由な顧客のために「ご契約内容のお知らせ」に点字表示のある封筒を導入

PGF生命は、障がいのある顧客に配慮した取り組みのひとつとして、毎年10月に発送する「ご契約内容のお知らせ」の封筒に点字による案内を導入した。同社では、2016年4月に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」およびそれに関連して金融庁より公表された対応指針に鑑み、障がいを持つの顧客への配慮をより強化すべく対応を検討してきた。これまでも目が不自由な顧客に対し、加入時に送付している保険証券や、年1回送付している「ご契約内容のお知らせ」において、点字での案内を同封してきた。2017年10月以降は、これまでの対応に加え、封筒に通知名および会社名を表示した点字シールを貼付することで、顧客が「ご契約内容のお知らせ(確認してほしい重要な書類)」であることを認識してもらえるよう改善を行っていく。
その他にも、対面での手続き時の意思疎通手段の強化として、筆談用の電子メモパッドや対話支援システムを導入するなど、障がいを持つ顧客に配慮した取り組みを進めている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、自動運転に関する特設ページを開設

生保

SBI生命、生命保険料控除証明書の電子データによる提供

損保

損保ジャパン日本興亜、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』の機能拡充

損保

三井住友海上、AIを活用した「危険運転映像抽出サービス」の提供を開始

損保

損保ジャパン日本興亜、【国内初】国内取引信用保険『早期資金化サービス』を提供開始

共済

コープ共済連、保障内容を読み上げる音声案内サービス「Uni-Voice」を導入

損保

損保ジャパン日本興亜、大規模災害における保険金支払業務へのRPA活用

生保

日本生命、生体認証を活用したスマートフォンアプリ提供

生保

ジブラルタ生命、耳や言葉の不自由なお客さま向けの遠隔手話通訳サービスを導入

損保

SBI損保、福岡に損害サービスセンター・コンタクトセンターを開設

関連商品