シンニチ保険WEB

朝日生命、ビッグデータを活用し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発

朝日生命は、営業活動の効率化と成約率の向上を目指し、日本アイ・ビー・エム株式会社が提供するデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発した。本システムを使用し、加入意向の高い顧客を抽出の上、提案した結果、通常の顧客に比べ成約率が向上した。
同社では、2012年に顧客に関する各種データを統合したCRMシステム「ACTION」を稼働させるなど、従来よりデータ活用のための基盤整備に着手し、顧客のデータを蓄積・分析の上、その結果を営業活動に役立てる取組みを行ってきた。
こうした中、2016年にデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を試験導入し、これまでに蓄積したビッグデータを分析し、加入意向が高いと判断される顧客を抽出し、試験的に提案を実施した。通常の顧客と比較した結果、本システムで抽出した顧客の方が、成約率が高いという結果が得られたことから営業活動プロセスに本システムを組み込み、本格展開することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

東京海上日動あんしん生命が高齢者専用フリーダイヤル設置

生保

PGF生命、目が不自由な顧客のために「ご契約内容のお知らせ」に点字表示のある封筒を導入

損保

三井住友海上、AI(人工知能)技術を活用した問い合わせ対応を高度化

生保

住友生命、 先進医療給付金の医療機関あて直接支払払いサービス 対応医療機関を拡大

損保

SBI損保、LINEを活用し自動車保険証券画像で見積り受付を行う個人顧客向けの新サービスを導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、照会応答システム「教えてNAVI♪」を代理店展開

損保

三井ダイレクト損保、通販損保初、三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」を開始

損保

三井住友海上、リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発、倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール

損保

三井住友フィナンシャルグループが貿易実務の高度化におけるブロックチェーン技術の適用可能性に関する実証実験を開始

損保

損保ジャパン日本興亜などがドローンを活用した超高層ビル街での災害対応実証実験を実施