シンニチ保険WEB

朝日生命、ビッグデータを活用し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発

朝日生命は、営業活動の効率化と成約率の向上を目指し、日本アイ・ビー・エム株式会社が提供するデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発した。本システムを使用し、加入意向の高い顧客を抽出の上、提案した結果、通常の顧客に比べ成約率が向上した。
同社では、2012年に顧客に関する各種データを統合したCRMシステム「ACTION」を稼働させるなど、従来よりデータ活用のための基盤整備に着手し、顧客のデータを蓄積・分析の上、その結果を営業活動に役立てる取組みを行ってきた。
こうした中、2016年にデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を試験導入し、これまでに蓄積したビッグデータを分析し、加入意向が高いと判断される顧客を抽出し、試験的に提案を実施した。通常の顧客と比較した結果、本システムで抽出した顧客の方が、成約率が高いという結果が得られたことから営業活動プロセスに本システムを組み込み、本格展開することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、自動運転に関する特設ページを開設

生保

SBI生命、生命保険料控除証明書の電子データによる提供

損保

損保ジャパン日本興亜、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』の機能拡充

生保

朝日生命、「平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震」での被災者に各種特別取扱いを実施

生保

朝日生命、“業界初”「要支援2から保障する介護保険」の発売を決定

損保

三井住友海上、AIを活用した「危険運転映像抽出サービス」の提供を開始

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)の寄付先を発表

損保

損保ジャパン日本興亜、【国内初】国内取引信用保険『早期資金化サービス』を提供開始

共済

コープ共済連、保障内容を読み上げる音声案内サービス「Uni-Voice」を導入

損保

損保ジャパン日本興亜、大規模災害における保険金支払業務へのRPA活用

関連商品