シンニチ保険WEB

朝日生命、ビッグデータを活用し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発

朝日生命は、営業活動の効率化と成約率の向上を目指し、日本アイ・ビー・エム株式会社が提供するデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発した。本システムを使用し、加入意向の高い顧客を抽出の上、提案した結果、通常の顧客に比べ成約率が向上した。
同社では、2012年に顧客に関する各種データを統合したCRMシステム「ACTION」を稼働させるなど、従来よりデータ活用のための基盤整備に着手し、顧客のデータを蓄積・分析の上、その結果を営業活動に役立てる取組みを行ってきた。
こうした中、2016年にデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を試験導入し、これまでに蓄積したビッグデータを分析し、加入意向が高いと判断される顧客を抽出し、試験的に提案を実施した。通常の顧客と比較した結果、本システムで抽出した顧客の方が、成約率が高いという結果が得られたことから営業活動プロセスに本システムを組み込み、本格展開することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命、「ユニバーサルマナー検定3級」を導入

損保

大同火災、Web口座振替受付サービスを開始

生保損保

カーディフ生命とカーディフ損保、団体信用生命保険の顧客向けに専用サイトを開設

生保

生命保険文化センター、2018年度公開講演会参加者募集を開始

生保協会・団体

生保協会、「生命保険協会110年小史」を刊行

損保

エイチ・エス損保、スマートフォン修理サービスの提供開始

共済

JA共済、ホームページに「農業リスク診断サイト」を開設

損保

エイチ・エス損保、たびともアンケート2018年10月の結果を発表

生保

アフラック生命、位置情報(GPS)を活用した店舗検索サービスを開始

生保

朝日生命、2018年度第2四半期(上半期)の業績を発表

関連商品