シンニチ保険WEB

T&Dフィナンシャル生命が12月から個人年金『ファイブテン・ワールド』を販売開始

T&Dフィナンシャル生命は、12月から『ファイブテン・ワールド』(無配当外国為替連動型個人年金保険(通貨選択・I型))を販売開始する。
この商品は、海外の金利と為替を活用して、大切な資産をまもりながらふやすことが期待でき、“わたす”“そなえる”ことができる一時払の定額個人年金保険。
【ポイント1】(ふやす/契約日から3か月以後、目標値の到達判定をスタート)
・契約日から3か月経過以後、年金支払開始日の3か月前まで、目標値到達の判定を毎営業日行い利益確定のタイミングを逃さない。
・目標値は、契約時に基本保険金額(一時払保険料)の105%・110%・120%より選択できる。設定した目標値は、目標値到達前であれば何度でも変更できる。
・目標値に到達しなかった場合、年金支払開始日に「終身保険移行特約」を付加することで、外国為替に連動した運用を継続することもできる。
【ポイント2】(わたす うけとる/大切な人へわたす「生前贈与」・自身で受け取る「自分年金」)
・「生存給付金支払移行特約」を付加することで、運用成果は生前贈与として生存給付金受取人に「わたす」ことや、自分年金として自分で受け取ることができる。
・「生存給付金支払移行特約」は契約日の1年経過以後から付加できる。
※生存給付金の金額や支払期間が途中で変更できる特約となっている。
【ポイント3】(のこす そなえる/死亡・介護へのあんしんの機能も追加可能)
・「保険金最低保証特約」「年金払介護保障特約」を付加することで、据置期間中の死亡保険金額や介護保険金額は円で最低保証される。
※公的介護保険制度の要介護1以上に認定された場合に、基本保険金額(一時払保険料)の100%以上を円で最低保証し、介護年金を生涯にわたって受け取ることができる特約。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、団体信用生命保険の保険金・給付金請求手続きのSMS通知サービスを開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、横浜銀行を通じ、『つみたてねんきん2(外貨建)』を販売開始

損保

東京海上日動、「地震に備えるEQuick保険 Amazonギフト券対応版」の販売開始

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設