シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、外貨建定額終身保険の累計販売額が3兆円を突破

三井住友海上プライマリー生命は、2012年2月27日に発売を開始した外貨建定額終身保険の累計販売額が3兆円を突破したと発表した。
同商品は日本円よりも比較的高い利率の外貨で運用できる定額終身保険。外貨で複利運用し、目標達成した場合は資産が自動確保される(「円建て資産自動確保」機能)という、シンプルかつ安心して運用できる商品性が幅広いお客さまから好評を得ている。取扱い金融機関代理店は120に達している。
○商品の特徴
・シンプルで分かりやすい商品
外貨の金利を適用し、固定金利・複利運用でふやせる外貨建定額終身保険。契約時に負担費用はなく、一時払保険料全額を運用する。
・目標判定は、契約日の翌日以後、毎営業日判定
目標値を設定した場合、タイミングを逃さずに、ふえた資産を自動確保することができる。
・契約日以後、いつでも電話で円建終身への任意移行できる
目標達成前であれば、電話や請求書で利益を確定し、円建終身に移行することができる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「知的財産権賠償責任保険」の販売開始

損保

三井住友海上、グリーン電力証書安定供給支援保険を発売

生保

明治安田生命、ベストスタイル健康キャッシュバック 発見と予防のWサポートを発売

損保

三井ダイレクト損保、SBI損保へ「総合バイク保険」提供開始

損保

アクサ損保、SBI損保と代理店委託契約を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、新型コロナワクチン接種に携わる医療従事者向け傷害保険の提供を開始

損保

三井ダイレクト損保、7月に商品改定

損保

損保ジャパン、ワーケーションの普及を支援する新商品を発売

生保

第一生命、ミレニアル世代向け新たな商品ブランド「デジホ」リリース

生保

太陽生命、イオン銀行にて「My介護Bestプラス」の販売を開始

関連商品