シンニチ保険WEB

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

日本生命は、財務基盤の一層の充実を目的に、総額8億米ドルの米ドル建劣後特約付社債を発行する。概要は次のとおり。
・発行体:日本生命
・名称:2047年満期米ドル建劣後特約付社債(利払繰延条項付)
・発行総額:8億米ドル
・発行価格:額面金額の100%
・利率:
2027年9月まで 年4.00%(固定金利)
2027年9月以降 固定金利(ステップアップあり・5年ごとにリセット)
・償還期限:2047年9月(ただし、発行日の10年後の応当日及びそれ以降5年を経過するごとの各日に、監督当局の事前承認等を前提として、当社の裁量により 繰上償還可能)
・優先順位:本劣後債は、清算手続等において、上位債務に劣後し、基金の払戻しに優先
・募集方法:米国、欧州およびアジアを中心とする海外市場における募集(ただし、米国においては1933年米国証券法にもとづくルール144Aに従った適格機関 投資家に対する販売のみとする。なお、日本国内での募集は行わない)
・上場:シンガポール証券取引所上場
・払込期日:2017年9月19日

関連記事(保険業界ニュース)

損保

AIG損害保険が業務を開始

生保

明治安田生命、20180年社長年頭挨拶

生保

日本生命、社長年頭挨拶

生保

住友生命、平成30年社長年頭挨拶

生保

アフラック・アセット・マネジメント株式会社への資産運用業務の一部委託開始について

生保

第一生命グループ3社、「お客さま第一の業務運営方針」に基づく具体的取組みの進捗状況公表にあたっての基本的な考え方について公表

生保

日本生命、米資産運用会社TCWへの出資を完了

損保

三井ダイレクトが「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」に署名

生保

メディケア生命が「お客さま本位の業務運営方針」の定着度を図るための評価指標を新たに設定

生保

三井住友海上プライマリー生命が「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を設定