シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、散歩アプリが神奈川県認定アプリに

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命では、健康応援企業への変革を掲げ、顧客の健康維持・増進のため、スマートフォンアプリを提供している。このほど、同社の散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」が、マイME-BYOカルテ※と連携する神奈川県認定アプリとして、第1号認定を受けた。
「Linkx aruku(リンククロス アルク)」は、同社が提供する楽しく歩行を促進するアプリ。2017年6月に、神奈川県から「平成29年度ウォーキングアプリを活用したマイME-BYOカルテ普及促進業務」に採択され、業務委託契約を締結。同社は、「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を活用し、県民へ健康サービスを提供するとともに、マイME-BYOカルテの普及促進に取組んでいる。
神奈川県は県民の健康増進・未病改善を目的として、民間アプリを対象に「『マイME-BYOカルテ』連携アプリケーション認定制度」を開始。同アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」は、県が定めるセキュリティや品質基準をクリアし、マイME-BYOカルテとデータ連携をするアプリとして認定された。なお、今回の認定は、第1号となる。
同社は、今後も神奈川県の「ME-BYO(未病)」をコンセプトとした取組みに賛同し、マイME-BYOカルテへのデータ連携や、「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を用いた県民の健康維持・増進に資する取組みを進めていく。その一環として、県が未病産業の創出と、県民への未病概念の浸透・行動変革の促進を図るために開催する「ME-BYOサミット神奈川2017」に協賛・参加する。
※個人の健康情報やお薬情報等を、パソコンやスマートフォンを通じて一覧にして「見える化」し、心身の状態の維持、改善に活用できる、神奈川県が提供するアプリケーション。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

東京海上日動あんしん生命が高齢者専用フリーダイヤル設置

生保

PGF生命、目が不自由な顧客のために「ご契約内容のお知らせ」に点字表示のある封筒を導入

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、保有契約件数400万件、「新・健康のお守り」シリーズは申込件数100万件を達成

生保

朝日生命、ビッグデータを活用し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発

損保

三井住友海上、AI(人工知能)技術を活用した問い合わせ対応を高度化

生保

住友生命、 先進医療給付金の医療機関あて直接支払払いサービス 対応医療機関を拡大

損保

SBI損保、LINEを活用し自動車保険証券画像で見積り受付を行う個人顧客向けの新サービスを導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、照会応答システム「教えてNAVI♪」を代理店展開

損保

三井ダイレクト損保、通販損保初、三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」を開始

損保

三井住友海上、リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発、倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール