シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、散歩アプリが神奈川県認定アプリに

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命では、健康応援企業への変革を掲げ、顧客の健康維持・増進のため、スマートフォンアプリを提供している。このほど、同社の散歩アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」が、マイME-BYOカルテ※と連携する神奈川県認定アプリとして、第1号認定を受けた。
「Linkx aruku(リンククロス アルク)」は、同社が提供する楽しく歩行を促進するアプリ。2017年6月に、神奈川県から「平成29年度ウォーキングアプリを活用したマイME-BYOカルテ普及促進業務」に採択され、業務委託契約を締結。同社は、「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を活用し、県民へ健康サービスを提供するとともに、マイME-BYOカルテの普及促進に取組んでいる。
神奈川県は県民の健康増進・未病改善を目的として、民間アプリを対象に「『マイME-BYOカルテ』連携アプリケーション認定制度」を開始。同アプリ「Linkx aruku(リンククロス アルク)」は、県が定めるセキュリティや品質基準をクリアし、マイME-BYOカルテとデータ連携をするアプリとして認定された。なお、今回の認定は、第1号となる。
同社は、今後も神奈川県の「ME-BYO(未病)」をコンセプトとした取組みに賛同し、マイME-BYOカルテへのデータ連携や、「Linkx aruku(リンククロス アルク)」を用いた県民の健康維持・増進に資する取組みを進めていく。その一環として、県が未病産業の創出と、県民への未病概念の浸透・行動変革の促進を図るために開催する「ME-BYOサミット神奈川2017」に協賛・参加する。
※個人の健康情報やお薬情報等を、パソコンやスマートフォンを通じて一覧にして「見える化」し、心身の状態の維持、改善に活用できる、神奈川県が提供するアプリケーション。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、診断書代行取得サービスを開始

生保

アフラック、「健康経営」の推進についての取り組み施策を発表

生保

三井生命、「ご高齢のお客さま専用ダイヤル」を新設

損保

損保ジャパン日本興亜が同性パートナーを配偶者として自動車保険の補償範囲に

損保

そんぽ24損害保険がHDI-Japanが実施するHDI格付けで『三つ星』を獲得

生保

日本生命、高齢のお客様への情報提供サービスを充実

生保

明治安田生命、主契約の保険料払込期間終了後の特約保険料の月払い取扱を開始

生保

第一生命、ロボティック・プロセス・オートメーションを全社業務へ導入開始

生保

太陽生命が団体信用生命保険のWeb申込み手続きを開始

生保

富国生命が個人型確定拠出年金向けプラン運用商品ラインアップの拡充および健康相談サービスの提供開始