シンニチ保険WEB

第一生命が鳥取県と包括連携協定を締結

第一生命は8月21日、鳥取県と健康増進及び地域の一層の活性化と県民サービスの向上を目的として包括連携協定を締結した。
同社は、全国47都道府県に約1,300の営業拠点を有し約6万名の社員が在籍しており、このネットワークを基盤に、グループ会社である第一フロンティア生命、ネオファースト生命、第一生命経済研究所などと協力しながら、全国47都道府県と結ぶ連携協定を通じて地域の課題解決に取り組んでいる。
鳥取県においては、2012年6月から、同社鳥取支社が「がん検診推進パートナー企業」として、がん検診受診率向上に向けた取組みを行うとともに、認知症、障害者の生活見守りサポート活動などを通じて、県民の皆さまの健康増進と、安心できる暮らしの実現を後押ししているが、今般5分野にわたる包括連携協定を締結することで、県民の「健康」と「安心」を支えるための連携・協働を更に深化させ、双方共通の思いである「地域の一層の活性化」と「県民サービスの向上」を目指していくとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

生保

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市における2大交通拠点をつなぐ自動運転バスの導入に向けた連携協定を締結

損保

損保ジャパン、亀岡市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

第一生命、企業年金新商品「特別勘定 総合口戦略的資産配分型」を発売

生保

メットライフ生命、長崎市とフードドライブを実施

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

第一生命、団体保険新商品あんしんマイパッケージを発売

生保

かんぽ生命、東京都とラジオ体操普及啓発事業に係る協定を締結