シンニチ保険WEB

ソニー生命、シンガポールにおける現地法人ならびにスターツ証券との合弁会社を設立

ソニー生命は、シンガポールに現地法人を設立した。また、シンガポール法人の傘下に子会社として、主として不動産関連事業等を営むスターツコーポレーション株式会社のもとで金融事業を営むスターツ証券株式会社との共同出資により、来店型乗合保険代理店事業を営む合弁会社を設立することについて合意した。
同社は、顧客に対してライフプランニングを軸とした合理的な生命保険と質の高いサービスの提供を行うことにより、着実な成長を続けてきた。シンガポールでは平成28年7月より駐在員事務所を設置して金融・保険市場に係る情報収集と調査を行ってきたが、同国では、同社が強みとするコンサルティングを通じた保険販売が受け入れられる余地が大きいことや、人口密集が著しい同国の地理的特徴を踏まえ、来店型店舗による乗合保険代理店事業を開始することとした。
今般の合弁会社設立は、日本国内で同社のパートナー(募集代理店)として協業実績を有するスターツ証券との共同事業となる。同社とスターツ証券の強みを最大限に発揮することで、シンガポールにおいても両社が協力してこれまでに日本国内において培ってきたライフプランニングの考え方の浸透を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

ソニー生命、「NTT コム オンライン NPS(R)ベンチマーク調査2022」の2部門で第1位を受賞

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資