シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、バーチャル・リアリティで先進医療関連の情報提供を開始

 三井住友海上あいおい生命は、5月からスマートフォンで再生したバーチャル・リアリティ(仮想現実、VR)映像を利用した情報の提供を開始した。初回提供として、ガンの先進医療技術の1つである粒子線治療を行う医療機関の施設見学を仮想体験できる映像を同社社員・代理店を通じ顧客に提供し、普段目にすることのない最先端の医療施設を実際に訪れたような体験をしてもらうことができる。
 なお、VRで先進医療施設に関する情報提供をするのは、国内生命保険会社では初めて。
▽初回提供の内容
○映像内容:粒子線治療を行う医療機関の医療施設と、隣接する宿泊施設を360度パノラマ映像で紹介
○撮影協力:メディポリス国際陽子線治療センター(鹿児島県指宿市)
○視聴方法:専用の簡易型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「VRscope」にスマートフォンをセットして鑑賞

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ生命、SMSを使ったインターネット手続きの案内サービスを開始

生保

アフラック生命、「オンライン医療相談サービス」の提供を開始

損保

AIG損保、リスク診断アプリ「海外進出ビジネス簡易診断サービス」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、国土地理院の浸水推定情報を活用したお客さま対応に関する取組みを実施

共済

こくみん共済coop<全労済>、公式Twitterアカウントを開設

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、「LINE」を活用したロードサービスの提供を開始

損保

SBI損保、自動車保険のリアルタイム見積りサービス「カシャッとスピード見積り(通称:カシャッピ)」の一般向けリリースならびに小島瑠璃子さん出演の新TVCMをオンエア開始

生保

三井住友海上あいおい生命、「手話通訳サービス」を開始

生保

マニュライフ生命、「給付金らくらく請求(オンライン)」サービスの対象に手術給付金を追加

生保

SOMPOひまわり生命、Webサービス「マイ リンククロス」の登録数10万人突破、入院一時金クイック支払サービスも

関連商品